キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

働くほど元気が出るウェルビーイングカンパニーをつくるには~川鍋一朗×小室淑恵×髙島宗一郎×矢野和男

  • 1h 2m (1sections)
  • 組織マネジメント
  • 知見録 Premium

このコースについて

G1ベンチャー2022
第5部分科会O「働くほど元気の出る、世界No.1のウェルビーイングカンパニーをつくるには」
(2022年6月12日開催/グロービス経営大学院 東京校)

グローバルで戦う上でも、経営の基本となるのは、組織で働く「人」であることに変わりはない。コロナ禍によって社会的孤立や孤独の問題がクローズアップされる中、働く人々の幸せや精神的な豊かさといったウェルビーイングの重要性はさらに高まっている。働くほど元気が出る、世界No.1のウェルビーイングカンパニーをつくるには。(肩書きは2022年6月12日登壇当時のもの)

川鍋 一朗 日本交通株式会社 代表取締役会長/株式会社Mobility Technologies 代表取締役会長
小室 淑恵 株式会社ワーク・ライフバランス 代表取締役社長
髙島 宗一郎 福岡市長
矢野 和男 株式会社日立製作所 フェロー/株式会社ハピネスプラネット 代表取締役CEO

コース内容

  • 働くほど元気が出るウェルビーイングカンパニーをつくるには~川鍋一朗×小室淑恵×髙島宗一郎×矢野和男

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

22人の振り返り

  • a_7636

    人事・労務・法務

    働きすぎて睡眠時間が減ると、怒りっぽくなる、侮辱的な発言が増える。
    過去在籍した職場の上司がそうだったと思い出しました。

    ①Well-Being、そもそも何から始めたらよいか?という方にはこちら。
     他のコースに比べてだいぶ長めですが、是非ともおすすめしたいです。

    ・幸福度の高い組織をつくるには「1日の終え方」「雑談」「信頼」を大切にしよう!これからの企業に必要な「Well-being(ウェルビーイング)」とは?
    【組織マネジメント】【知見録 Premium】1:26:36

    ・心身共に健康に働く「ウェルビーイング」どう実現するのか~石川善樹×小島玲子×松澤巧×矢野和男×森浩生
    【組織マネジメント】【知見録 Premium】1:01:58

    ②Well-Beingと企業価値についてはこちら
    ・Well-being(ウェルビーイング)がもたらす企業価値とは~小林正忠×佐藤光紀×平尾丈×岡島悦子
    【組織マネジメント】【知見録 Premium】0:57:38

    2023-11-26
  • sai-3448

    人事・労務・法務

    ウェルビーングの議論で睡眠時間が大事であることを再認識することができ、大変参考になりました。

    2023-11-27
  • chiisai-kiba

    人事・労務・法務

    会社に対する価値観は人それぞれ。但し、上位者に忖度してしまう会社だと、下の人はそうもいかない。自分が考える価値観で会社に貢献できるようにする。経営側はその価値観に見合った対価を支払う。双方の考えはフラットに発信できる。といった環境が大事であることを再認識しました。
    例えば、中には働くのが好きな人もいますからね。経営トップじゃなくて、課長レベル当たりでも。その時、その課長の下で働く人が自分の価値観で働くことができるかどうかであり、課長の価値観で評価するのではなく、評価はアウトプットと努力代等、会社共通であることの可視化が大切ですね。

    2023-11-28
  • t-takeshi

    建設・土木 関連職

    仕事が忙しい時や睡眠がとれてない時は、イライラしていたり、後輩たちも強く言ってしまう傾向があり、睡眠時間の重要性が大事だなと思いました。
    今後は睡眠時間を意識し、余裕をもって仕事などをし、後輩達が話しやすい環境を作っていればいいと思いました。

    2024-01-12
  • chibibei91

    営業

    ①自分の仕事をコントロールする。  ②弱みを見せる。相談をする。  ③睡眠を7時間取る。  ④紹介された本を読む 

    2023-12-10
  • sphsph

    メーカー技術・研究・開発

    実現は難しいと思うところがあります。
    やはり不公平感があると上も下も何とも判断できず不満だけが出てきてしまう。
    部門が違うとそれぞれのやり方でないと成功しないのでしょうがそこの判断ですかね。

    2023-11-29
  • btree

    販売・サービス・事務

    睡眠がキーになることは初めて知り、具体的な改善につながることが分かりました。会社においてフラットな組織的に言い合えること、平等はことを進めるときにある意味弊害になること、はヒントになった。メンター2人が、業務以外のことも含めた成長を支援し、相談に乗る仕組みの小室さんの話が当社でも1on1やれば事足りている、的な発想からの脱却で実効性が高いと感じた。

    2023-12-16
  • 00978

    営業

    ウェルビーイングカンパニーを作るには、十分な休養が必要だとわかりました

    2023-12-03
  • massapy

    経営・経営企画

    ウェルビーイングへトップがコミットして実践する、大事ですね。社内でも誰よりも働く!と公言していたことが、逆効果なんだ、と気づきました。ただ、コツコツとウェルビーイング向上のため、取り組むと、少しづつでも文化が変わる事も実感しています。
    インターバル制度の導入をまずやってみようかな、と思います。

    2023-11-26
  • t_kahara

    販売・サービス・事務

    睡眠時間を削って得る利益はさほどないことを学びました

    2024-01-25
  • hideaki-fujito

    販売・サービス・事務

    睡眠欲を満たすこと。弱みを共有できるフラット組織であること。平等ではなく公平をひとりのツールとすること。これらをベースに自身と周囲のウェルビーイングを高めたいと考えます。

    2023-11-29
  • mac-cam

    クリエイティブ

    ウェルビーングの議論で睡眠時間が大事であることを再認識することができた。

    2023-12-26
  • matsubaradanchi

    その他

    睡眠時間を昼寝で補填してでも確保し、業務のモチベーションを上げる。リモートによる非対面でのコミュニケーションを上げる。

    2023-11-29
  • wdragon

    専門職

    テレワークにしても新しいことを始めるにはいろいろな壁がある。完全な公平性を持って制度を始められればいいが、できないこともある。まずは始めてみるというのはいいとおもった。制度をきちんと作れないからいつまでも始められないということが今まで多かったと思う。

    2023-12-03
  • billysan

    営業

    組織を作るのも、変えるのも人である以上、個々人が自主的にやる気を持って参画できる、ウェルビーイングの考え方は改めて大事だと思いました。ありがとうございました。

    2023-11-25
  • ojr_800

    メーカー技術・研究・開発

    フラットな組織こそウェルビーイングだと思います。
    自分としては梁山泊が理想の組織だと考えています。現実は難しいですが。

    2023-11-25
  • 512177

    資材・購買・物流

    ウェルビーイング経営をどうとらえるか。まずは自分自身のウェルビーイングを考えました

    2024-02-13
  • tom_2

    人事・労務・法務

    「睡眠時間を確保すると、ウェルビーイングが向上する」、社会通念上、徹夜も許容された30年前の経験則に照らすと頷ける部分はあります。一方で、睡眠時間確保=ウェルビーという枠組みでは、大事なプロセスが隠れてしまっており、経験曲線効果やシナジー効果と同じ香りがしました。

    2023-11-25
  • sumi2930

    資材・購買・物流

    睡眠をもっと取ること、リモートをもっと活用すること(朝メール、夜メールの活用共々)を実践してみたいと思いました。

    2023-12-31
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    睡眠をとることが大事だと感じました。先ずは他人よりも自分で十分な睡眠を取るようにします。
    社員が来たい環境を作ることも大事だと感じました。組織を作っても環境が悪いと人が退職していなくなる。必要な人材に魅力を感じさせる職場環境を作ることが大事だと感じました。

    2023-11-25
  • yemi

    金融・不動産 関連職

    自分のwell-beingを考えることが、他者のwell-beingを思う優しさにつながる。

    2024-01-31
  • ozzee

    人事・労務・法務

    トップが意識を変えることが、まず大事。
    リーダーは、自分が元気でいないと、メンバーも着いてこない。
    自分を元気に維持するのも、仕事のうち。

    2024-01-13

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。