キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

ダイバーシティニュース テクノロジー/「Azure OpenAI Service On Your DataとWolframについて」など(6/30放送)

  • 0h 43m (7sections)
  • 自己啓発
  • 知見録 Premium

このコースについて

行き詰った時代を切り拓くキーワード、それが「ダイバーシティ=多様性」です。異なるさまざまな視点から見ることによって新しい時代が浮かび上がってきます。このシリーズは「ダイバーシティ=多様性」を切り口に、世の中の新しい見方に迫るニュースプログラムです。LUCKY FM 茨城放送で配信された番組「ダイバーシティニュース テクノロジー」を再編集してお届けします。(肩書きは2023年6月30日放送当時のもの)

西内 啓 株式会社データビークル 取締役副社長
名越 涼 MC

<コース内容>
1.チャットGPT効果か?アメリカで広がる「生成AI」関連求人
2.市役所でも活躍する「チャットGPT」 専門家をアドバイザーに迎え学習を
3.マイクロソフトが新サービスのパブリックプレビューを開始 「Azure OpenAI Service On Your Data」とは?
4.「データリテラシー教育」が急務に アメリカが世界をリードするための要件とは?
5.チャットGPTの人気プラグイン「Wolfram」とは?数式処理やグラフ描画はお任せ
6.スペシャル・トーク「Azure OpenAI Service On Your DataとWolframについて」
7.リスナーの声

コース内容

  • チャットGPT効果か?アメリカで広がる「生成AI」関連求人
  • 市役所でも活躍する「チャットGPT」 専門家をアドバイザーに迎え学習を
  • マイクロソフトが新サービスのパブリックプレビューを開始 「Azure OpenAI Service On Your Data」とは?
  • 「データリテラシー教育」が急務に アメリカが世界をリードするための要件とは?
  • チャットGPTの人気プラグイン「Wolfram」とは?数式処理やグラフ描画はお任せ
  • スペシャル・トーク「Azure OpenAI Service On Your DataとWolframについて」
  • リスナーの声

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

9人の振り返り

  • mid-54

    メーカー技術・研究・開発

    自分のできることとAIをどう組み合わせるかを考えることと、後は何をしたいか、ということがAIが一般的になる中では大事と思いました。
    答えを検索するというよりも、アイデアを出したり視野を広げる、というのに使うのがまずは良さそうですね。プログラムもそれなりに書けそうだし、色々使ってみながら考えたいと思います。

    2023-07-25
  • ando_masato

    メーカー技術・研究・開発

    自身の業務に活用できるかはわかりませんが、自己啓発として学ぶにあたっての大まかなイメージができた。

    2023-09-25
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    自分のキャリアパスを考える時にAIの進化も考慮するようにします。
    かなり早いペースでAIが職場に侵入していることに実感します。

    2023-07-13
  • shinji-inb

    営業

    LINEでCHAT GPTが使えるのは参考になりました

    2023-07-14
  • me_

    その他

    LINEでもChat GPT使えるんですね、活用してみたいです。

    2023-11-23
  • atsushi_kaseda

    IT・WEB・エンジニア

    Azureの構築(Azureで検索)して当該コンテンツがヒットしました。Azureの構築とは無縁の内容でしたが今後のビジネスシーンで活用が出来る内容でした。

    2023-10-10
  • zeku

    メーカー技術・研究・開発

    自己啓発とAIの組み合わせ:
    最初のコメントでは、AIを活用する際に重要なのは、自分のスキルとAIをどう組み合わせるかを考えることだと強調されています。AIは情報を検索するだけでなく、アイデアの生成や視野の広げる手段としても活用できることが示唆されています。また、プログラムも学習し、AIを実際に試してみてキャリアに組み込む意欲も示されています。

    技術進化への対応:
    他のコメントでも、AIの進化に対する認識が共有されています。特に、自身の業務にAIをどのように活用できるかを考える必要性が強調されています。AIが急速に職場に浸透していることに対する実感があり、それに対応するための努力が必要だと述べられています。

    LINEでのAI利用:
    最後のコメントでは、LINEでCHAT GPTを使えることが参考になったという感想が述べられています。AI技術が日常のコミュニケーションツールにも導入されており、個人やビジネスに影響を与えていることが示唆されています。

    2023-10-02
  • takumi_1453

    経営・経営企画

    LINEでチャットGTPを使うという概念は無かったのでトライしてみます!

    2024-04-23
  • 152366

    営業

    AZURUの利用検討し、活用したいと思います

    2024-04-12

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。