キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

技術戦略による価値創造と価値獲得の考え方

  • 0h 33m (4sections)
  • テクノベート (テクノロジーとイノベーション)
  • 実践知

このコースについて

イノベーションを中心とする技術戦略の考え方と併せて、効果と効率についてご紹介します。
普段開発するシステムには、「効率を目指すもの」と「新しい価値を生み出すもの」の2通りあると思います。自社の経営状況や環境に応じて取るべき方法について解説します。
※2022年7月撮影

より深く学びたい方は、技術ブログ「DevelopersIO」https://dev.classmethod.jp/ をご覧ください。
動画提供: クラスメソッド株式会社 https://classmethod.jp/

■出演者プロフィール
武田 信夫
クラスメソッド株式会社 営業統括本部ゲームソリューション部部長
(※2022年7月撮影時点)

コース内容

  • 経営学の全体像
  • 深化と効率
  • 探索と価値
  • まとめ

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

23人の振り返り

  • eiji1130

    人事・労務・法務

    まずはコストを下げるための効率化として①自動化②既存のサービスの活用③ 人にもづくノウハウを 言語化④誰が何を知っているかを踏まえて、自身の普段の業務を見直し、取り組んでいきたい。新しい 売上利益の源泉を探索するという ときに 価値提供だけで終わらず 価値獲得までペアと理解し、 新しい 価値を作るときには 自分たちが 持っているコアコンピュタンス 中核能力を中心に外部の力を借り ていく モジュラ型の設計をして いくということを踏まえて、副業を考えていきたい。
    技術戦略の発想を理解して、深化と探索、深化は普段の業務、探索は副業として経営的観点から自身全体の持つ売上、利益、利益率を高めていきたい。

    2024-03-30
  • hidenaota

    営業

    まず、冒頭戦略は手段であって目的ではないことを学びました。また、探索(事業効果)・深化(事業効率)という点で、普段の業務に置き換えた場合、営業という職種では探索(新しい市場を開拓・発掘)していく事で売上増につながる。一方で深化を意識(利益)の行動も重要ですが、他部門と連携し工程自動化など利益を生み出すことで、健全な経営が出来ると感じました。結果としては、組織的に各部門のメンバーが自分の役割を果たすことで組織運営が成り立つ。また、先行者(1st)サプライヤーの優位性を一番に考える必要があるとも考えました。後発者はどうしても、先行者より優位性を出さざる得ず、利益・売り上げ面で先行者が優位に立つケースも多いと感じます。

    2024-07-02
  • ryuji_esaki

    営業

    当社を振り返って、技術の深化は得意だが、探索は苦手だと感じた。探索に力を入れていくために必要な要素を知りたいと思った

    2024-06-27
  • 14001

    資材・購買・物流

    価値創造と価値獲得の話を聞くことができました。現状分析と目的設定、目的に向かう戦略が重要であることが分かりました。

    2024-01-24
  • 230510

    経営・経営企画

    以下の点に学びがありました:
    ・技術深化と技術探索の両方を追及することで企業が右肩上がりで成長することができること
    ・業界別の利益構造の分析で技術の囲い込みで独占的に事業展開できる業界が利益率が高いこと
    ・日本は暗黙知文化で、SECIモデルにて、日本に特徴的な暗黙知のコミュニケーションから形式知に落とし込んで製品化していくこと
    ・顧客価値は、機能価値と感情価値の両方の組み合わせで成立していること

    2023-09-07
  • 871_tyotyo

    メーカー技術・研究・開発

    分析技術から製品の付加価値に寄与する方法を探索しています。そのうえで本講座は技術を使ってユーザーに楽をしてもらうなどの利便性についても考えなければならないと考えました。

    2024-02-08
  • ni_tomoaki

    コンサルタント

    戦略の定義が明確になった。戦略は、目的達成の手段であり、オプション(というる手)であるため、まずは、目標地点を決める必要がある。

    2023-09-19
  • y_torii

    メーカー技術・研究・開発

    価値創造と価値獲得には戦略が重要であり、戦略においては不確実性のマネジメントが必要になる。売り上げに対しては事業効果と事業効率を意識した両利きの経営が出来ると良い事が分かった。事業効率に関わる探索である深化においては、現在の自身の業務であり、ナレッジやノウハウといった言語化できていない暗黙知は他のメンバーが分かる形にしていく事が必要と感じた。

    2024-07-04
  • markf

    専門職

    全体的に難しい話でしたが、価値創造と価値獲得はペアという点について深く共感しました。顧客ニーズに対して技術開発ばかりに目を向けるのではなく、いかにその技術を提供できる環境を作り上げるのかが企業の発展の為に必要ということを感じました。

    2024-06-30
  • 117454_sasaki

    メーカー技術・研究・開発

     深化(事業効率)と探索(事業効果)など普段何気なく感じていることを言語化されたことで理解が深まりました。
    改めて事業としてとらえたときにどちらも重要であるにもかかわらず、業務としては深化に特化し、さらに価値創造の視点を重視して業務を行っており、両利きの経営、ペアという視点で行えていないまたは、偏りが生じていることに気づかされました。
     携わる業務は特に顧客ニーズに対し、技術発展が上に来ているような市場で戦っており、事業としては探索などを通じて新たな価値獲得に動きだす時期と考えます。学んだ探索、価値獲得の視点をバランスよく組み合わせて先行者の優位を獲得し、持続的な事業とすべく取り組んでまいります。

    2024-07-09
  • ozawa_h

    IT・WEB・エンジニア

    複数のGLOBISビデオを短くかつ分かりやすく纏めらています。
    今はDXによりスクリプト技術によるプロセス改善を行っています。話の内容では「効率化」の分類になります。

    2023-09-04
  • chaspy

    IT・WEB・エンジニア

    技術を価値創造・獲得に繋げる考え方が理解できた。

    2023-12-28
  • yamashitakzm

    メーカー技術・研究・開発

    学べた点がたくさんあったが、特に探索と深化の両方が必要、機械化やAIにより置き換わる、効率化はあくまでもコストダウン、価値提供には獲得の姿勢が必要ということが新たな気付きでした。

    2024-01-28
  • tiau

    メーカー技術・研究・開発

    現在取り組んでいる技術課題はオープンイノベーションで解決することができないか改めて考えてみようと思いました。

    2024-01-10
  • machisg

    その他

    既存の技術や製品の深化と新たなる付加価値の模索が事業の継続性に必要で有ると学んだ。
    特に如何にして独占状態を構築して市場を拡大し、競合の立ち入る機会を減らせるか、価値を生み出し続け絶対性を維持できるかが
    価格競争に陥らず高利益をい生み出す鍵となる。
    反対に完全競争に陥ると、価格競争に足を入れることになり、低利益化に陥る。
    日本特有の暗黙知からオープンな形式知になるよう、コミュニケーションと概念の明確化が必要と感じた。

    2024-06-17
  • takayuki_5137

    メーカー技術・研究・開発

    いままで「価値創造」の視点しかもっていなかったが、「価値獲得」にも重きを置く必要があることを知った。
    「価値獲得」とは、企業が「価値創造」した価値を、顧客が価値として受け止めてくれるか、ということ。
    であるので、「価値創造」という言葉の「価値」には、「価値獲得」される前の「価値」も含まれている。
    ⇒したがって、「価値創造」と「価値獲得」はペアである必要がある。
     ※今までは、価値創造と価値獲得をごちゃまぜにして「価値創造」という言葉で括っていた。

    2024-03-27
  • sathashi

    経営・経営企画

    よく使われる言葉の意味を正確に理解することができてよかったです。

    2023-12-08
  • takashi05138409

    販売・サービス・事務

    技術を価値創造とつなげる。

    2024-02-26
  • ken1123

    マーケティング

    非常に役に立つ内容だった。

    2023-11-15
  • takeshi-namba

    営業

    売上拡大のためには「探索」と「深化」が必要であることを理解した。その中で、①コストを下げるための効率化、②新しい利益の源泉を探索する ことで価値提供と価値獲得が出来ると理解した。1つキーとなるのは「人に紐づくノウハウを自動化する」ことを普段の営業活動でどこまで落とし込めるかというが難しくもあるが、これが営業でもできれば効率が上がり、結果、売上拡大にもつながると思った。

    2024-06-25
  • ryoru

    メーカー技術・研究・開発

    目的がないと手段も決まらない。
    顧客ニーズに技術が追いついていない場合は技術競争だが、テレビのように技術発展が顧客ニーズを追い越した場合はコスト競争となる。
    技術的に先行することで得られる利益、戦略優位性を保てることも多いが、やみくもな技術戦略ではなく、目的にあわせた戦略が必要である。

    2023-11-18
  • faoki

    IT・WEB・エンジニア

    ふんわりと頭の中に合ったものが言語化されて、深い学びがありました。

    2024-04-29
  • higashibata

    メーカー技術・研究・開発

    先行優位性を意識して業務を進めたい

    2024-07-02

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。