キャンペーン終了まで

割引情報をチェック!

すべての動画をフルで見よう!

初回登録なら7日間無料! いつでも解約OK

いますぐ無料体験へ

この人に聞く/仕事も休みも大切にして自分らしく生きる!フィンランドに学ぶ「働き方」の秘訣〜堀内都喜子氏(フィンランド大使館) 

  • 0h 13m (8sections)
  • 自己啓発
  • 知見録 Premium

このコースについて

3年連続で「幸福度」世界1位になった国、フィンランド。長時間の残業はせず、有休消化率はほぼ100%。それでいて1人あたりのGDPは日本の1.25倍。なぜフィンランド人は、休みも、家庭も、趣味も大切にしているにも関わらず、仕事でも高い成果を上げることができるのか?やりたいことをやって、ゆとりを持って自分らしく生きるための「フィンランド流の働き方」の秘訣を紐解きます。(肩書きは2021年4月22日撮影当時のもの)


堀内 都喜子 フィンランド大使館 広報部 プロジェクトコーディネーター

コース内容

  • イントロダクション
  • 職場では「フラットな関係性」を築く
  • 「コーヒー休憩」でコミュニケーションを取る
  • 長時間の「残業」はしない
  • 仕事をしながら「学び」を続ける
  • 「有給消化率」はほぼ100%
  • 「仕事以外の時間」を大切にする
  • 日本のビジネスパーソンに向けてメッセージ

より理解を深め、他のユーザーとつながりましょう。

100+人の振り返り

  • hiro_yoshioka

    メーカー技術・研究・開発

    コーヒー休憩の就業規則化いいね。と思いました。

    福利厚生も社員旅行より、毎日の職場環境に運動室、瞑想室、仮眠室とかもほしい。オフィスを変えよう。サウナもいいですねw

    残業に関しては考え方の問題もあるので、即効的な施策は難しそう。
    と思っていました。

    でも、たしかに残業代が高くなれば、、たとえば、現状の5倍とかにすれば、即減りそうw マインドや文化的な問題があるので、こういうのはシステム的に一気にやらいないと無理ですね。

    ここから出発して、残業時間が減ることによる各課題に真剣に取り組むくらいの方がいい気がします。その方が危機感が実態化してよりよい方向に向かう気がします。実際にやりたい!

    残業がなくなることにより発生する課題

    ・組織的な課題例:
     成果減:選択と集中、効率up、無駄削減、利益・顧客利益の最大化
         外注、分業化、雇用形態見直し


    ・個人的な課題例:
     収入減:複業、低コストな生活・人生の追求
     成果減:エッセンシャル思考、個人での効率化、外注化
     余った時間の使い方:自己投資、複業、趣味、健康、家族との時間

    2021-06-13
  • ka-zuu

    IT・WEB・エンジニア

    フィンランドは、社会保障・再就職がしっかりとして不自由ない国かと個人的に思っていました。それは、仕事をしながら学びをしていく(常にスキルアップ)、仕事以外の時間を大切にするなど個人レベルの高さが合って成り立っているなと感じました。 
    1年を11ヶ月で考えるというのは面白い考えかと思いました。

    2021-06-16
  • nao_riku

    専門職

    運動不足もあり最近散歩を始めましたが、色んなことに思いをふける時間にもなってリフレッシュできます。デジタルデトックスいいと思います。

    2021-06-16
  • kairose

    人事・労務・法務

    フィンランドほど有休を使って、日々のスケジュールに15分X2のコーヒーブレイクを持ち、残業なしで生活したいとは思わないけど、毎月1日は必ず有休を取ること前提で業務スケジュールを組んでいってるし、テレワークも有効利用していきたいし、年1回は最近会社でも1週間連続した休みが取れるようになってきました。・・・残業は毎日3時間くらいあるけど(T_T)
    もう少し有休がとれるように工夫、職場メンバーとの連携で効率化したいかな。

    2021-06-12
  • yokota-0413

    メーカー技術・研究・開発

    デジタルデトックスという言葉が新鮮でした。日々、業務の効率化、改善を求められる中でデジタルデータの収集、見える化しなければいけないといわれますが、言われるという事は裏返せばすれだけストレスになっているということかと思います。仕事のon/offをうまく切り替えていけるようにしていきたいと思います。

    2021-06-15
  • s-hatake

    金融・不動産 関連職

    今の職場において1ヶ月休暇は厳しいだろうな、と感じながらも、リモートを活用したワーケーションなら可能性「有」と思います。
    実際にメッセージを発信していきたいと思いますが、なかなか勇気の要ることですね。まずは仲間を募りたいところです。

    2021-07-03
  • moto06

    資材・購買・物流

    出来ないではなく、これをするにはどうしたら良いかを考えるいい機会を与えてもらいました。一歩前へ踏み出し見たいと思いました

    2021-06-24
  • tmon

    販売・サービス・事務

    一年を11ヶ月と考えるというのが新鮮でした。
    日本の多くの会社は休暇や休憩時間はルールで定められているから取らなければならないという思考になりがちで、仕事でいいパフォーマンスを出す為にも必要という視点がまだまだ欠けている気がします。

    2021-06-26
  • izapon1976

    その他

    コーヒー休憩いいですね。取り入れてみたいです。現在はコロナ禍で同僚のことを深く知る機会が減少していますし。
    ちょっと前に職場に音楽を流していましたが、復活させようかと思いました。

    2021-06-14
  • kameco

    販売・サービス・事務

    「~べきである」「~でなければならない」…そうかな?と別の角度から見ようとしたり、「こうだったらいいな」という希望を言葉にしてみたり、新しいことを「一度やってみよう」と行動したりと、まだまだできることがあるなと思いました。一度だけ旅したフィンランドにまた行きたいです。

    2021-06-23
  • topaz

    販売・サービス・事務

    キャリア形成や志の講座とも共通しているのは、ブレイクタイムを持つことの重要性を語っている点です。自分の時間を作る、リラックスする、妄想する‥そういったことが人間としての深みを増し、クリエイティブな仕事ができる基礎になるのではないかと思います。

    2021-06-23
  • ryoko0000

    営業

    しっかり休むことで次に繋がる。ダラダラと仕事してるなぁ。

    2021-06-15
  • takataka13

    資材・購買・物流

    前提となる文化の違いが理解できました。組織がピラミッド制である限り、問題は無くならないと思います。

    2021-06-26
  • saito-yoshitaka

    メーカー技術・研究・開発

    ONとOFFの切替はリモートワーク開始から余計に曖昧になっています。サウ活で頭はすっきりさせています。

    2022-09-19
  • tsutomu5

    人事・労務・法務

    思い切って働き方を自分で主張することの重要さを考えました。

    2021-06-26
  • noir_mom

    その他

    デジタルデトックスの必要性を痛感しました。

    2021-06-18
  • h-mura

    人事・労務・法務

    純粋に羨ましく思いましたが、日本でも若い企業の中にはフィンランド的な文化が生まれつつあるようにも感じます。

    2021-06-11
  • minako07

    メーカー技術・研究・開発

    コーヒー休憩のように一息いれて、気分と頭を切り替えるほうが、効率がいいのかもしれないと思いました。
    今度、試してみよう!

    2022-09-09
  • bamboo0624

    販売・サービス・事務

    フラットな組織に舵を切るのはなかなか難しいと感じている。トップダウンタウンの弊害として、メンバーが自ら考えなくなっている。コーヒー休憩やウェルビーイングの考え方は参考になると思った。

    2022-01-27
  • alpine1

    メーカー技術・研究・開発

    日本における働き方改革はまだ始まったばかり。本当に定着して仕事にもプライベートにも好影響が出るような余暇の使い方をできる会社・組織にしていきたいと思う。

    2023-01-01
  • saitoww

    営業

    オンオフの大事さであったり、ゆとりがある仕事をしたいと思いました。
    時代と共に働き方も変えていかないといけないと感じました。

    2022-03-31
  • ino_1212

    資材・購買・物流

    参考になりました。実践して仕事の効率化を図るとともに、豊かな人生を送れたらと思います。

    2021-06-13
  • wasabina

    IT・WEB・エンジニア

    残業ありきで働かない。一年は11か月として、1ヶ月休む。

    2021-08-01
  • harunokaze

    販売・サービス・事務

    オンオフをきっちり持ち、メリハリある働き方。
    仕事以外の時間を大切にしながら生きることや、デジタルデトックスの時間も有意義と共感出来た。

    2022-02-26
  • pika517rx

    経理・財務

    オンオフの大事さを知れた。
    エコノミックアニマルの日本人には耳が痛い話だ。

    2023-07-26
  • daisaka

    営業

    日本の企業文化にも取り入れてられたらいいと思いました。サウナがとても好きなこともあり、フィンランドに行ってみたいと感じました。

    2022-08-08
  • aki_s

    その他

    「デジタルデトックス」という考えに、納得しました。
    便利なモノを離し、自らの頭を使って考える時間を自分も取り入れたいと
    感じました。

    2021-06-13
  • 668

    その他

    平等な社会=生きやすい社会 ではなく、平等な社会=若くても経験のある人と比べられる厳しい社会 だと感じた
    厳しい社会だからこそ常に学び続け、本当の能力、本当の効率を求められるのだろうと思った

    2023-08-09
  • yakkoo

    販売・サービス・事務

    コーヒーブレイク、1か月休暇、各個人の個性を尊重するフィンランド文化憧れます。
    コロナ対策で当社も在宅勤務が奨励されるようになりました。
    良い点もたくさんありますが、ますます家なのかオフィスなのか、仕事なのか勉強なのか、親切なのか不要な残業なのか。
    他者からの評価が、残業だと悪、自分の勉強のためだったら推奨。
    結局、会社内でワークシェアがきちんと進んで、その仕事ごとにお給料設定されるのが一番納得がいくように思います。

    2021-08-12
  • kanaya5526

    営業

    デジタルデトックスは初めて聞きました。デジタルのものに囲まれすぎている現代社会に喝を入れてい頂いたと思います。

    2021-08-08
  • daiyuta

    専門職

    業務のメリハリが非常に重要であり、一定の纏まった休みを取得することを考えるべきかと思った。正月や夏休みがこれにあたるが、とかく日本は休みが短すぎるので、1ヶ月を取るフィンランドの考え方も参考になる。"1年を11ヶ月と考えて仕事をする。"確かにそのように考えることで、業務の効率化を深く考えるきっかけになるかと思った。

    2024-01-14
  • hi_ma_hi

    販売・サービス・事務

    柔軟な働き方に目を向け、考えを変えて、トライしてみたい

    2021-12-23
  • akihito1992

    販売・サービス・事務

    フラットな関係性をはじめとして、フィンランドの働き方にとても共感した。異文化のいいところを取り入れて、日本社会の堅苦しく、オールドタイプな部分を刷新していく作業こそ、これから求められているのかもしれない。

    2023-02-02
  • sai-3448

    人事・労務・法務

    今回学んだことを参考にしたいと思います。

    2023-12-15
  • ki-ki

    販売・サービス・事務

    プライベートの時間を大切にすることが仕事の効率アップにも繋がる、という考え方は素晴らしいですね。テレワークになってから、以前より残業時間が増えてしまっているので、早速、仕事の仕方を考え直そうと思いました。

    2021-08-21
  • ichonose

    販売・サービス・事務

    残業や休みの考え方について、グローバルな考え方をじわじわと浸透させて、みんながハッピーに仕事とプライベートを充実できるようにしたい。コーヒータイムの雑談、大切にします。

    2024-02-11
  • pelikan

    マーケティング

    珈琲時間というのは良い仕組みだと思う。テレワークが進むにつれ「仕事以外のことを話す時間」というのが減っていると感じる。
    コロナウイルスが蔓延したことで雑談の重要性に気づいたのもこの1年の大きな変化だった。

    2021-08-11
  • risa3

    人事・労務・法務

    テレワーク勤務が基本となっている今、デジタルデトックスの必要性は個人的にも感じていましたので改めて意識させられました。

    2022-06-16
  • toshi1280jp

    営業

    仕事に忙殺されると思考が固まってしまう。
    業界に捉われない柔軟でクリエイティブな思考には、仕事以外の時間が必要というのはごもっともだと思う。特に真新しいものはなかったが、フィンランドでも同じような考え方が慣習として広まっているということを知り、日本でももっと柔軟な考えで社会生活が変わらないものか危惧します。

    2021-06-12
  • kmtg

    メーカー技術・研究・開発

    夏休みは4週間
    仕事忘れる
    楽しみ始める
    没頭する
    仕事に戻りたくなる

    2023-01-27
  • min2

    営業

    最近サ活が流行っているかと思いますが、デジタルデトックスの観点では考えていなかったです。フィンランド人の生き方にあこがれて日本も追いかけているのかな?と思いました。

    2022-11-21
  • zeromaru

    人事・労務・法務

    1人でやっても日本では浮いてしまいます。企業であれば、それを文化として全体で醸成していく必要があります。規則としてしまうのが日本には一番馴染みやすい、と言うか、一番早い方法かと、思います。意外と、あっという間に慣れてしまうのも日本人の傾向の気がします。

    2022-09-15
  • hoshizawa_yumi

    マーケティング

    有給消化率が100%で3~4か月の長期休暇の中で最後の週はそろそろ仕事がしたくなりその後、仕事明けは効率が上がるとの言葉が印象的だった。休暇が短くてもその日数の中で意識し休み明けにパワーが全開になるよう心掛けたい。また、便利な時代でデジタルデトックスを意識した事が無かったが、それも意識することで仕事と休日のメリハリ(on、off)をつけていきたい。




    2022-09-24
  • tomoemasuyama

    専門職

    フィンランドはやはり何でも世界の一歩先をいっている。「フィンランドに学ぶ働き方」すべてが参考になった。リストラの危機に常に瀕しているので、定時にうちに帰った後、多くの方が学んでいるという姿勢は素晴らしいと思った。「備えあれば憂いなし」で自分も常に知識とスキルのインプットに努めたい。

    2022-03-05
  • hashi_mgr

    コンサルタント

    参考になりました。

    2021-06-12
  • dolekun

    専門職

    残業を前提とした働き方にしてしまっている部分は自分にも大いにあると思いました。
    転職前に比べると早帰りの習慣が身についたので、より効率の良い働き方を考え続けていかなければと感じました。
    4週間かけて仕事→休暇→仕事とモードを切り替えている、という話は興味深かったです!

    2021-08-25
  • natsupooh

    その他

    フィンランドの仕事の仕方や考え方についてはとても興味がある。
    このような働き方が本当に理想的です。時間外勤務については会社もかなりうるさくは言いますが、仕事の仕方を本当に変えていかないとこのまま60過ぎても働いていかなくてはならなくても、心身ともにもたないな…と感じています。

    2021-06-12
  • k_z_a

    人事・労務・法務

    余暇の過ごし方に学びを取り入れることや、気持ちの切り替えを上手にしているところは見習いたい

    2023-07-19
  • ona

    販売・サービス・事務

    多様な働き方を考えるためにはやはり海外の働き方を参考にするのが一番だと感じました。またオンオフの大切さを改めて学びました。

    2023-11-12
  • zummy_0617

    金融・不動産 関連職

    フィンランドは高福祉の印象が強いです。しかし、コロナ禍で苦しんでいることがまざまざと感じさせられました。働き方改革を充実して柔軟性に動きたいです。うちの企業では、SMART WORK OFFICEを十分に活用したいです。

    2021-10-16
  • harunosuke

    その他

    そのまま全部は難しいですが、今の現状に少しでも取り入れられたらよいと思える内容でした。

    2021-07-07
  • 105810hi

    メーカー技術・研究・開発

    ウェルビーイング、大切ですね。

    2023-01-31
  • yassy77rui

    メーカー技術・研究・開発

    日本もおおよそ、このような考え方に近づいていっている途中段階かなと思いますが、のんびりしている暇はなく、スピード感と実行力が重要ですね。
    特にライフシフトの後半期になるミドル、シニアの働き手にとっては。

    2022-09-19
  • nttn

    営業

    『残業をしない前提』というのはすごく大事な事であり、当たり前のようだが出来ていないのが日本の現実。日本では仕事が多い時に今日は残業して片付けようというのが社員、上司にとっても当たり前になっているがフィンランドのように残業しない、そのためには仕事の効率を上げる必要があり、スキルアップや自分の成長、学びの意欲を止めないというのは出来ているようでまだまだ意識が甘いなと感じました。今日から変えていきたいと強く思いました。

    2021-06-27
  • takeru02

    コンサルタント

    幸せな働き方といっても「どうやって働き、休んでいるんだろう?」と疑問がありました。その点で拝聴すると、特に、フィンランドの方々の休み方は本当に学びが多く実践しようと思えました。
    ▶︎実践する3つのこと
    ①残業はそもそもしないものという前提で働く
    ②休みに「学びの時間」「自然に行く時間」「デジタルデトックス」を取り入れる。(=仕事思考を切り離す)
    ③コーヒー休憩:コーヒーでなくてもいいかもしれないが、まずは自分一人から、少しずつ周りに声をかけながらやってみる。

    2022-04-03
  • tfujioka

    IT・WEB・エンジニア

    コーヒー休憩など仕事のパフォーマンスを最大化するためのオフの使い方が参考になった

    2021-06-13
  • ot-take

    メーカー技術・研究・開発

    休むことは大切なのでしっかり休みを取り入れたい

    2022-09-30
  • suikinchikamo9

    その他

    労働者全員が1か月休んだら仕事は正常にはまわりません。仕事が正常でなくてもいいという割り切りができるかだと思う。真面目な日本人にはできないかもしれない

    2023-04-02
  • m_1524

    営業

    4週間の有給のうち最初の1週間は「仕事が忘れられない」、最後の1週間は「仕事に戻りたい」。有給100%、残業無しでも仕事をしないのではなく、働き方がうまいのだと感じた。

    2021-06-17
  • jagge

    建設・土木 関連職

    ちょっと全般的に理想論が多く、具体性と現実性に欠ける内容と感じました。実際には集中力を高めて効率的に時間外を行っているため、比較にならない考え方であると考えます。

    2022-04-29
  • masaakiwatanabe

    営業

    フィンランドでは効率を上げる事。
    学びを深める事を意識的に取り入れていかなければならない文化ができている。

    2021-06-13
  • gohibara

    人事・労務・法務

    成功例を真似して取り入れることは必要だと感じた一方で、自由の裏側には自己責任(成果が出なければリストラになるリスク等)があり、日本人の終身雇用の考え方を根底から変えないと本当の意味での変革は難しいと思う。

    2023-11-15
  • kenichiro_2021

    営業

    海外の働き方をとても興味深く聞かせてもらいました。フィンランドは、メリハリがあり、且つコーヒー休憩、残業無く、確り有休を取り、勉強もしてと、とても自律した社会である事が分かりました。

    2021-06-11
  • lim_2170

    経営・経営企画

    フィンランドの働き方の大きな下支えになっているのは制度や仕組みそのものというよりフラットな文化だと思う。フラットだからこそ、個の生き方を尊重し、個の時間をより確保しようとなり、それらが働き方の制度や仕組みに反映されているのだと思う。反面、フラットだからこそ、実力主義的な厳しい側面もあるため、働くことを疎かにしたり怠けたりしないことで、バランスを保っている。

    2021-06-13
  • omizo

    その他

    部下がより自分らしく働くための時間の使い方の提案の参考としたい。

    2023-12-29
  • warya

    金融・不動産 関連職

    長期休暇・有給100%取得と美味しい話だけではない。就職したら終わりでもない。自分のスキルを常に向上できるよう勉強を続けて行こう。

    2021-06-22
  • mick-tamtam

    メーカー技術・研究・開発

    学びを継続して、スキルアップを図っていくところを、具体的にどのように取り組んだらよいか、検討してみたい。フラットな関係性や、同僚とのコミニケーション、就業時間のコントロールや仕事以外の時間でのリフレッシュなどは比較的実践できていると思うが、そういうことが当たり前にできることが非常に大切だなと思う。

    2023-11-14
  • yuki337

    販売・サービス・事務

    残業に関しての考え方は自社と似ているところがあった。事前に上長の承認が必要。これはコストコントロールに役に立つ。
    若手は残業で稼ぐことができないので自身のスキルアップに時間をあて、副業やキャリアアップに向け時間を使うことになる。
    一方で休暇に関しての考え方は異なっており、有給全消化など聞いたことがない。そもそも有給とは何のための制度なのか。休まないなら有給を無くし、給与に還元する等してほしいと考える人もいるほど。この辺りは今後の働き方で変えていくべき点。

    2021-07-08
  • mt2021

    経営・経営企画

    仕事をする上で休むことも学ぶことも大切にする。自分自身を大切にする。そのほうがより仕事を効率よく楽しくできる。
    休むとは、自然に親しむ。仕事を完全に忘れる。デジタルデトックスをする。

    2021-06-17
  • shin130

    その他

    普段の業務を遂行するためにも、休みを大切にしてリフレッシュできるようにしたい。
    また、何のために働くのか、自分らしく生きるためにも働き方を意識していきたい。
    「働き方=人生」ということではないでしょうか?

    2023-12-03
  • taka_1021

    営業

    長時間労働や休日での仕事が決して効率上、良いわけではなく休むこと、ON・OFFすることが生産性向上や心身ともに幸せにつながることを意識したい。

    2023-10-28
  • masaryuusouyuu

    金融・不動産 関連職

    コーヒー休憩はいいかもしれない。
    学び続ける大事さ楽しさが大事。
    とことん休む。みんながどうすると社会が変わる。
    デジタルデトックス。考える時間も大事。

    2023-04-17
  • natsumi_0427

    販売・サービス・事務

    休みが取りやすい組織体制を構築していきたい。
    チームや個人のスキルアップも必要。

    2021-07-01
  • notoikeda

    メーカー技術・研究・開発

    日本以上に、公私の区別がはっきりしていて、休暇も多めにとれる反面に、自己研鑽や業務に対する責任が求められると感じた。テレワークが多用されるコロナ禍においては、日本もだんだんこのような考え方になっていくように感じた。

    2021-06-14
  • matsu1009

    営業

    フラットな組織、コーヒータイムコミニュケーション、残業なし、有給取得100%、など仕事とプライベートをメリハリをつけて充実させることの重要性を学んだ。また、世の中の環境、生活様式が変化している中で、常態化していることに疑問をもち、変えるチャンスだと思う。

    2021-06-12
  • _akiko_

    人事・労務・法務

    オンオフを切り替えて、計画的に休暇を取得したいと思う

    2023-08-01
  • hy_pp

    メーカー技術・研究・開発

    当社では、長時間働くこと、遅くまで働くこと、土日に働くことが良いこととされています。
    しかし、それを長年にわたって続けていくと、おかしくなってしまう人も出てきます。
    仕事100%も良いですが、仕事&プライベート共に100%楽しみ、人生を最大限楽しんでいきたいです。

    2021-06-11
  • seira_abe

    その他

    なぜ、休むことに対して寛容なのか、文化圏の違いなんだろうとは思いましたが、社会人でも仕事をしながら学ぶ習慣があることは、タスクをこなすだけでなくクリエイティブな仕事をする際に力を発揮するのではないでしょうか。

    2021-06-12
  • tanesannta

    営業

    組織がフラットで、メリハリがある、残業が少なく、有休も100%消化する、働きながら学んでいる。日本とはかけ離れていますが、魅力的です。フィンランドに行ってみたくなりました。

    2022-10-26
  • tokatiobihiro

    マーケティング

    1年を11ヶ月 1ヶ月を25日出考える

    2021-06-12
  • shangtian

    経営・経営企画

    日本でも、フィンランドのワークスタイル文化が日本にも少しずつ入ってきているのではないかと思います。ただ、部署によっては、まだまだ日本文化の美徳と言われる気合と根性の世界もあり、残業こそがそれを態度で示す場となっている部署もあるのでコロナを気に変わってほしいです。

    2021-06-14
  • muc69

    その他

    デジタルデトックスという言葉に感銘を受けた。業務でデジタルに浸かって頭が固くなっている、体も疲労しているように感じました。オン・オフの切り替えをはっきりと、メリハリをつけてオフも充実させようと思いました。

    2022-06-26
  • yiwase9124

    メーカー技術・研究・開発

    自分には効率的に仕事をする意識が足りていないと感じた。
    頭を切り替え生活を豊かにすること、常に勉強をしていること、等今の自分は全く出来ていない。
    これからは、新しい事を始めることに躊躇せずに取り組むようにしていきたい。

    2023-11-13
  • qianyaji

    販売・サービス・事務

    今すぐ全てを取り入れることは難しいが、できそうなところから自分たちの組織にも取り入れてみたいと思った。例えば、仕事以外の時間を大切にする、学び続けるなど。

    2022-08-14
  • t9_aka

    メーカー技術・研究・開発

    残業が許可制になると全社的に残業時間が減りそうだと感じました。通常勤務時間内の密度や効率をあげる方法を模索していきたいと思います。
    コーヒー休憩をやってみようと思います。

    2022-01-18
  • hiroshi_2_k

    営業

    日本人なのか、わが社なのか、考え方が違いすぎて戸惑うくらい。
    でも、日本人はよく働きすぎと言われてきたけど、戦後復興から考え方が変わっていない、文化になっているのでそう簡単には変わらないかもと感じています。
    でも、確かにこのコロナ禍は受け止め方によってはその変わる最大のチャンスかも。ボーッとせずに、世の中の変化を見つめ、適応していかないと、高確率でアフターコロナでは取り残されると、危機感を抱きました。

    2021-06-12
  • midori-1

    販売・サービス・事務

    しっかり休んで集中して働く。休んだ時間を学びの時間に当てる。私も生産性が高い働き方、目指します。

    2021-10-01
  • taetae52922

    営業

    歴史的に自由なフィンランドと同調圧力の強い日本とは社会の土壌が異なる。日本も会社の上層部から変わっていかないとなかなか難しいと思う。

    2022-10-31
  • morimotoa

    営業

    休んで(早く帰って)確り仕事をするという感覚取り入れたい。

    2023-09-21
  • nishi0024

    経営・経営企画

    ただ緩いだけでなくリストラのリスクもあり、生産性にフォーカスされたお国柄だと感じました。
    ぜひ、自法人の経営に取り入れたい風土です。

    2021-06-15
  • manabi_houdai

    経理・財務

    福利厚生的なものは、大きく変えるのは難しいかもしれないが、オフィスをきれいにして快適にすごせるようにするのはよいとおもった。最近、職場が新しくなったが、ほこりっぽくなく快適に過ごせている。

    2021-07-11
  • kennnnneeeeey

    メーカー技術・研究・開発

    大使館の方とは言え、フィンランドのことはフィンランドの方に説明してほしかったなと思います。
    また、日本の企業の内幕をあまり見られていないなという感じも受けました。理想は分かりますがそうは言ってもなかなかできないものであり、国民性が違うところもあり、どこが活用できるかというところをもう少し見つめなおしてみたいと思います。

    2022-09-06
  • m-akiy

    営業

    日本は国際的にみても労働時間の割には、生産性の低い国とのデータが出ています。北欧の国は、3時4時には会社を退社し、6時には家族で夕食を囲むそうで、日本もそろそろ働き方を変えなければならないと感じます。ワークライフバランスが重要だと感じます。

    2022-06-09
  • ryo_murakami

    メーカー技術・研究・開発

    1ヶ月の休みの捉え方が面白いですね。とても共感できました。自分はONOFFが苦手ですが、発想の転換のヒントになったと思いました。

    2021-06-14
  • yu156

    経営・経営企画

    とっても勉強になりました。
    日本でも海外の良い所をうまく取り入れて、日本人に合った、且つ皆の幸福感がアップするような働き方に変えていけると良いと思います。

    2022-01-26
  • ogwktr

    その他

    チームメンバーの有休取得の際やチーム内でのコミュニケーションのあり方について考えさせられた。完全在宅勤務や分業制が進んでいるチームでは活用が難しいかもしれないが、基本的な考え方として大切なことと感じた。

    2023-08-01
  • m_sak

    IT・WEB・エンジニア

    仕事に向かう姿勢など、大きな要素であることがわかりました

    2021-06-23
  • yamashu-1

    人事・労務・法務

    ウェルビーイングを踏まえた、これからの働き方を考えるにあたって参考になる内容でした。

    2022-08-07
  • koji0419

    経営・経営企画

    コロナの今だからこそ変えていけるチャンスだと改めて思う 休みを楽しむ、学びを続ける、はその通りであり、実践していきたい

    2021-06-24
  • luka

    営業

    今、コロナ後遺症で少し長引いており会社を休んでいます。
    体調次第ですが、一度、自分を見つめ直すために視聴しました。
    本来、仕事も生きて食べていくためではありますが、
    長い人生において、やはり、生きがい、やりがい、自分が幸せになる方法は、一生のテーマです。

    ただし、日本人でも、生産性の高い人は、フィンランドに学ぶべきですが、そもそも努力をしない人、怠けて生きている日本人が、フィンランドの働き方を勘違いしなければいいですが…

    2022-04-07

関連動画コース

新着動画コース

10分以内の動画コース

再生回数の多い動画コース

コメントの多い動画コース

オンライン学習サービス部門 20代〜30代ビジネスパーソン334名を対象とした調査の結果 4部門で高評価達成!

7日間の無料体験を試してみよう

無料会員登録

期間内に自動更新を停止いただければ、料金は一切かかりません。