溝口 肇

作曲家・チェリスト。

溝口 肇

作曲家・チェリスト。

亡きカラヤンを3歳の頃にテレビで見て直感的な憧れを抱き、すぐにピアノを始める。11才でチェロを始め、東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻に入学。24歳の頃、自動車事故からムチウチ症となり、その苦しみから開放されるために「眠るための音楽」を作曲し始める。大学卒業後、スタジオミュージシャンとして数多くのレコーディングに参加、また八神旬子、上田知華とカリョウビンなどのサポートメンバーもつとめる。以後、「眠るための音楽」は自分自身のソロ楽曲として書きためられ、1986年のデビューアルバム「ハ−フインチデザ−ト」(Half inch Dessert)をソニーから発表。以後、クラシック、ポップス、ロックなど幅広いジャンルで演奏・作曲活動を展開している。その作品には、映画音楽 やテレビ番組の音楽として用いられているものが多い。20年続いている番組「世界の車窓から」のテーマ曲はあまりにも有名。また、日本たばこピースライト、ギャラクシ−企業イメ−ジのCMにも出演し、多くの人々にその姿と音楽を、印象づけることになった。テレビ関係に出演する機会も多く、特に旅番組には数多く出演している。

PAGE
TOP