「世界No.1を目指す経営」についてベンチャー企業経営者が1日議論--第8回G1ベンチャー

第8回G1ベンチャーが、6月12日(日)にグロービス経営大学院 東京校で開催されました。今回のテーマは、「世界No.1 を目指す経営~グローバルへの挑戦と展望」です。熱い議論が交わされた1日を写真で振り返ります。

開始前にスタッフの集合写真です。スタッフは、全てグロービス社員です。みんなで力を合わせて、成功させます。 

G1 ベンチャー

第8回G1ベンチャー、始まりました! オープニングは僕の挨拶から。今回のテーマは「世界No.1を目指す経営」 。各セッションの様子は後日GLOBIS知見録で公開します!

G1 ベンチャー

第8回G1ベンチャー第一部「世界No.1を目指す経営」。このテーマにこのパネリスト。最高のセッションですね! 登壇者は、John Lagerling 氏(メルカリ CEO、SVP of Global Strategy)、 鈴木 健 氏( スマートニュース 会長兼社長 CEO)、 梅澤 高明 氏。

G1 ベンチャー

日本のベンチャーがグローバルな発展を目指すにあたり、起業家の志、投資家、進出先(特に米国)におけるヒト・組織、グローバルなマネジメントシステム 等々、多岐にわたって貴重なお話をいただきました!

本日の分科会は5つに分かれて、リアルとオンラインのハイブリッド形式で開催されています。なお、今回の5つの分科会のテーマはW (Web3.0)、 I (Industry)、 M (Management)、 O (Organization)、 T (Technology)です。

第2部分科会W「Web3のインパクト ~新たなインターネットは誕生するのか」。パネリスト 石濱 嵩博氏(ナナメウエ 代表取締役)、國光 宏尚氏(Thirdverse 代表取締役CEO)、藤原 哲哉氏(ForN/YGG Japan CEO/Co-Founder )、モデレーター荒木 英士氏(REALITY社長 グリー取締役上級執行役員)。
G1 ベンチャー

第2部分科会I「世界No.1を目指すヘルスケアインダストリー起業家の戦略」。 パネリスト 坂野 哲平氏(アルム社長)、高木 邦彰氏(国際医療福祉大学・高邦会グループ 専務理事)、多田 智裕氏(株式会社AIメディカルサービス代表取締役 CEO)、モデレーター福島 智史(グロービス・キャピタル・パートナーズ)。

G1 ベンチャー

第2部分科会M「世界No.1を目指すBtoC企業のグローバル戦略」。パネリストは、 尾山基氏(アシックス代表取締役会長CEO)、古賀大貴氏 (OishiiFarmCo-Founder & CEO)、任宜氏(スマートニュース株式会社取締役CSO)、モデレーター今野穣(グロービス・キャピタル・パートナーズ代表パートナー)。

G1 ベンチャー

第2部分科会O「世界No.1を目指すデザイン経営の手法」。パネリストは、中川 政七氏(中川政七商店 会長十三代)、濱渦 伸次 氏(NOT A HOTEL CEO)、 濱口屋 有恵 氏(Kontrapunkt Japan 代表取締役)、 三浦 崇宏 氏(GO 代表取締役)、 モデレーター 田川 欣哉氏(Takram Japan代表取締役)。

G1 ベンチャー

第2部分科会T「Climate Techの最新トレンド」。パネリスト岡島 礼奈氏(ALE 代表取締役)、長尾 昂氏(京都フュージョニアリング株式会社 Co-Founder & CEO)、西田 宏平氏(TOWING 代表取締役)、キャシー 松井氏(MPower Partners ゼネラル・パートナー )、モデレーター高岡 美緒氏。

第3部分科会W「クリプトの最新潮流~今何が起きようとしているのか~」 。パネリスト 大塚雄介氏(コインチェック執行役員)、小田玄紀氏(リミックスポイント CEO)、加納裕三氏(bitFlyer Blockchain 代表取締役)、北澤直氏(Coinbase 代表取締役 )、モデレーター 藤沢久美氏(国際社会経済研究所理事長)。

G1 ベンチャー

第3部分科会I「世界No.1を目指す日本のゲーム産業-グローバル再編の最新動向-」パネリスト 石川裕也氏(株式会社Gaudiy 代表取締役CEO)、土川元氏(ソニーベンチャーズ代表取締役社長)、松田洋祐氏(スクウェア・エニックス 代表取締役社長)、モデレーター 赤川隼一氏(ミラティブ代表取締役)。

G1 ベンチャー

第3部分科会M「スタートアップと大企業~トップを目指すためのアライアンス成功の秘訣とは」 。パネリスト 岡井大輝氏(Luup代表取締役社長)、金谷元気氏(akippa代表取締役社長CEO)、玉川憲氏(ソラコム代表取締役社長)、モデレーター( 野本遼平 グロービス・キャピタル・パートナーズ)。

G1 ベンチャー

第3部分科会O「世界NO.1を目指すパーパス経営」。パネリスト青木耕平氏(クラシコム代表取締役)、轟麻衣子氏(ポピンズ代表取締役社長)、福田恵里氏(SHE代表取締役CEO/CCO)、モデレーター米良はるか氏(READYFOR代表取締役CEO)。

G1 ベンチャー

第3部分科会T「日本初、知能化機械・ヒューマノイドは実現可能か?~ディープテックでグローバルを目指す戦略と未来~」。パネリスト 太田一樹氏 (Treasure Data CEO)、中ノ瀬翔氏(GITAI CEO)、中村晃一氏( Idein代表取締役)、松尾豊氏(東大大学院教授)、モデレーター 上野山勝也氏(PKSHA代表取締役)。

G1 ベンチャー

第4部分科会W「TOP JAPANESE NFT CREATORS」。パネリストakim氏(NFTクリエイター)、mekezzo氏(NFTクリエイター)、niko24氏(NFTクリエイター/オンライン、アバターでご参加)、モデレーター 内藤裕紀氏(ドリコム代表取締役社長)。

G1 ベンチャー

第4部分科会I「Future of SaaS in 2030SaaSの春の終わりと産業化の始まり」。パネリスト稲田武夫氏 (アンドパッド代表取締役社長)、倉橋隆文氏(SmartHR 取締役COO)、竹田正信氏(マネーフォワード取締役執行役員)、モデレーター 湯浅エムレ秀和(グロービス・キャピタル・パートナーズ)。

G1ベンチャー

第4部分科会M「世界で戦うための組織戦略~ダイバーシティを強さに変える戦略とは」。 パネリスト木下 達夫氏(メルカリ CHRO)。 小林 正忠氏(楽天グループ株式会社 常務執行役員 Chief Well-being Officer)、山口文洋氏(LITALICO 副社長執行役員。、モデレーター 岡島 悦子氏(プロノバ社長)。

G1 ベンチャー

第4部分科会T「世界No.1を目指すスタートアップのファイナンス~激変する資金調達」。パネリスト 高橋修三氏(企業年金連合会)、立岡恵介氏(グローバル・ブレインGeneral Partner)、西直史氏(ベインキャピタル MD)、モデレーター 高宮慎一(グロービス・キャピタル 代表パートナー)。
G1 ベンチャー

第4部分科会T「フィンテックの最新潮流-金融分野で加速するDXの実態とは」。パネリスト青井浩氏(丸井グループ代表取締役社長)、鶴岡裕太氏(BASE代表取締役CEO)、丸山弘毅氏(インフキュリオン代表取締役社長)、モデレーター 辻庸介氏(マネーフォワード代表取締役社長CEO)。

G1 ベンチャー

第5部分科会W「メタバースが起こす産業革命~Beyond Gameの世界へ~」。パネリスト赤川隼一氏(ミラティブ代表取締役)、加藤直人氏(クラスター代表取締役)、西村拓也氏(ambr 代表取締役CEO)、モデレーター石黒不二代氏(ネットイヤーグループ取締役)。

G1 ベンチャー

第5部分科会I「復活・成長するスポーツビジネス~テクノロジーとリアルの融合で成長するスポーツ産業の未来~」。パネリスト稲垣弘則氏(西村あさひ法律事務所)、木村弘毅氏(ミクシィ代表取締役社長)、民秋清史氏(モルテン代表取締役社長CEO )、モデレーター 小泉文明氏(メルカリ取締役会長)。

G1 ベンチャー

第5部分科会M「世界No.1を目指すスタートアップのEXIT戦略~拡がる選択肢と可能性~」。 パネリスト鈴木 英敬氏(衆議院議員)。端羽 英子氏(株式会社ビザスク 代表取締役)、松本 恭攝氏(代表取締役社長CEO)、モデレーター間下 直晃氏(ブイキューブ 代表取締役会長 グループCEO)。

第5部分科会O「働くほど元気の出る、世界No.1のウェルビーングカンパニーをつくる」。パネリスト川鍋一朗氏(日本交通代表取締役会長)、小室淑恵氏(ワーク・ライフバランス代表取締役社長)、髙島宗一郎氏(福岡市長)、モデレーター矢野和男氏(日立製作所フェロー)。

G1 ベンチャー

第5部分科会T「日本のバイオテック企業がグローバルNo.1を狙う戦略と課題」。パネリスト 勝田和一郎氏(シンクサイト株式会社代表取締役)、高橋祥子氏(株式会社ジーンクエスト代表取締役社長)、モデレーター 出雲充氏(株式会社ユーグレナ代表取締役社長)。

G1 ベンチャー

第6部全体会は「G1メディアアワード授賞式」
本年度のアワードは、
【創造と変革部門】鈴木健氏 スマートニュース代表取締役会長兼社長
【海外発信部門】株式会社アニプレックス(来場は執行役員専務 後藤秀樹氏)
【特別賞】宮田裕章氏 慶應義塾大学教授
です。おめでとうございます!
G1 ベンチャー

第7部全体会「G1メディアアワード受賞記念パネルディスカッション~進化するメディアは社会をどう変えるか~」。 パネリスト 鈴木健氏 (スマートニュース代表取締役会長兼社長)、後藤秀樹氏(アニプレックス執行役員専務)、宮田裕章氏(慶應義塾大学教授)、モデレーターは僕です。
G1 ベンチャー

第8部全体会「世界No.1を目指す経営~グローバルで戦う経営のリアル~」 。パネリスト 新浪剛史氏(サントリーホールディングス代表取締役社長)、水野弘道氏(国連事務総長特使、米テスラ社外取締役)、モデレーター 髙島宏平氏(オイシックス・ラ・大地代表取締役社長)。

G1 ベンチャー

朝9時から行われてきたプログラムも、いよいよ最後のクロージングセッションです。 今回のプログラム策定と全ての参加メンバー推薦に関わったボードメンバーが、壇上に出て一言ずつコメントをしています。

G1ベンチャー

初めてWeb3.0をテーマにした分科会が設けられるなど、新しい試みもあったG1ベンチャー2022。リアル271名/オンライン40名の合計311名に参加頂く中で、高い視座での学びが多くありました。
長い一日、みなさまお疲れさまでした! また来年のG1ベンチャーでお会いしましょう!

なお、セッションの様子は一部を除き後日GLOBIS知見録で動画配信する予定です。ぜひご期待ください。

RELATED CONTENTS

RELATED CONTENTS