IoTが拓く新たなフロンティア ~その可能性と脅威~

視聴時間 1:00:40

G1ベンチャー2016
第4部分科会B「IoTが拓く新たなフロンティア ~その可能性と脅威~」

あらゆるモノがネットにつながり、ビッグデータとして集積される時代となった。タクシーがネットでつながり、衣服や自転車などあらゆるもののデータが蓄積され、スマホによってコントロールされる。一方、IoTを"Internet of Threat"と呼んだのが、カスペルスキーだ。IoTが拓く新たなフロンティア――その可能性と脅威について、DMM.make AKIBA仕掛け人の小笠原氏、タクシーの情報化を進める日本交通 川鍋会長、そして日本のサイバーセキュリティの第一人者である齋藤ウィリアム氏が語る。(肩書きは2016年4月28日登壇当時のもの)。

RELATED CONTENTS