山本 貴光

山本 貴光

文筆家・ゲーム作家

1971年生まれ。コーエーでゲーム開発に従事後、フリーランス。金沢工業大学客員教授、立命館大学先端総合学術研究課講師。
著書に『マルジナリアでつかまえて』『投壜通信』(以上、本の雑誌社)、『文学問題(F+f)+』(幻戯書房)、『世界が変わるプログラム入門』(筑摩書房)、『「百学連環」を読む』(三省堂)、『文体の科学』(新潮社)、共著に『高校生のためのゲームで考える人工知能』(三宅陽一郎と共著、筑摩書房)、『脳がわかれば心がわかるか』(吉川浩満との共著、太田出版)ほか。

PICKUP