若松 秀夫

若松 秀夫

株式会社協和日本ホールディングス 専務取締役

1972年東北大学文学部仏文科卒。YKKで10年のフランス駐在を経て協和入社。昭和40年よりランドセル製造一筋に発展してきた協和に、ジネスバッグ、スーツケース事業の展開という新しい風を吹き込む。日本のものづくりの技術力を駆使し、使う人にとって「元気の出る」かばんづくりをコンセプトとした商品展開を行う。

2000年より、ふわりぃ障害児用オーダーメイドUランドセルを発売。2011年に発生した東日本大震災では被災した小学生が元気にランドセルを背負って安心して小学校生活を送る事のできるよう、現在までに13,076個を支援。当初の予定通り、震災の年に誕生されたお子さんが無事に小学校へ入学される。2017年度(2016年受付分)まで支援を続け終了する。2017年からは、名称を「ふわりぃランドセル応援団」とし、支援の必要なご家庭の小学生に向け、新たなランドセルを支援活動を始める。

2008年第12回「千葉県元気印企業大賞」優秀商品・サービス賞受賞
2013年第3回「日本でいちばん大切にしたい会社大賞」審査員特別賞受賞
2015年第13回「勇気ある経営大賞」奨励賞受賞
2016年第21回「千葉県元気印企業大賞」大賞・千葉県知事賞受賞

PICKUP