長野 恭紘

長野 恭紘

別府市長

大分県別府市生まれの別府育ち。代議士秘書、別府市議会議員を経て、2015年、最年少(40歳)別府市長として当選。現在は、別府市で戦後初の無投票という市民からの期待を背負い2期目を担う。
「起業・創業等の推進」、「人財育成」、「ヒト・企業とのつながり強化」の3つを柱とした『別府ツーリズムバレー構想』を掲げ、地域資源に恵まれた別府の強みをいかしたワーケーションプランで“別府がビジネスにつながる場”となるように力を注いでいる。

PICKUP