Alan VanderMolen

エデルマン グローバル・インサイト・ビジネス プレジデント&CEO

Alan VanderMolen

エデルマン グローバル・インサイト・ビジネス プレジデント&CEO

アラン・バンダーモーレンは、エデルマンの知識ベースのビジネスの開拓や、同社独自の調査であるエデルマン・トラストバロメーター、グッドパーパス、エデルマン・ヘルスバロメーターなどの知的資本の開発を担当し、社内のグローバルプラクティス(コンシューマー、コーポレート、ヘルス、パブリックアフェアーズ、 クライシス、テクノロジー、サステナビリティ、エンプロイーエンゲージメント)や傘下の調査会社(StrategyOne)やコンサルティング会社(Edelman ConsultingやFirst & 42nd等)を統轄している。

バンダーモーレンは、2002年から2009年までの9年間、エデルマンのアジア太平洋地区のプレジデントを務め、 日本、インド、インドネシアへの市場参入や、中国の提携会社Pegasus Communicationsの買収により、ビジネスを4倍以上に拡大。また、ステークホルダーリレーションや企業の信頼構築、CSRやソーシャルメディアなどの分野における知的資産の開発にも大きく貢献した。バンダーモーレンは、マイクロソフト、スターバックス、ジョンソン&ジョンソン、サムスンなどのグローバル企業への豊富なコンサルティング経験と実績を持つ。

バンダーモーレンのCSR活動に対する強い信念は、エデルマンのプロボノ活動を始動させ、セーブ・ザ・チルドレンの津波救援活動を支援したり、取締役会のメンバーでもあるプラネット・ウォーター・ファンデーションと協力し、エデルマン・アジア太平洋地域全体で水へのアクセス問題に積極的に取り組んでいる。

現在シカゴ在住のバンダーモーレンの20年のPRコンサルティングの経歴には、香港、ワシントンDC、ニューヨーク、台湾、クアラルンプール、シンガポール、ワルシャワ、ブリュッセルの各地域での勤務経験が含まれる。2005年にはPR専門誌『PR Week』の「Asia-Pacific PR Professional of the Year」を受賞。

また、バンダーモーレンはオハイオ州立大学、シンガポール国立大学MBAプログラム、教育課程の顧問委員でもある香港バプティスト大学、そして中国人民大学で客員講師を務め、CNN、ブルームバーグ、CNBCでは、コーポレート・レピュテーション問題に関するコメンテーターとして活躍。

米オハイオ州立大学にてジャーナリズムの学士号(政治学副専攻)を取得。

PAGE
TOP