大串 博志

衆議院議員

大串 博志

衆議院議員

1965年8月31日生まれ。東京大学法学部卒業。米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)ビジネススクールに留学、MBA(経営学修士号)取得。1989年大蔵省入省(理財局 財政投融資を担当)。大蔵省大臣官房財務官室係長、長野県諏訪税務署長、国際通貨基金(IMF)日本理事室審議役(アジア通貨危機、日本の金融危機の中、日本理事室(日本の代表部)の取りまとめ役を担当)、財務省主計局主査(補助金予算、旧郵政省、現総務省予算編成を担当)、在インドネシア大使館一等書記官(インドネシア経済の改革・成長を支援)、金融庁監督局銀行第一課銀行監督調整官(大手銀行の監督、不良債権問題を担当)を歴任後、財務省を退官。2005年衆議院議員選挙九州ブロック(佐賀2区)初当選。現在3期目。鳩山内閣、菅内閣において財務大臣政務官。野田内閣で内閣府兼復興大臣政務官を務め、社会保障と税の一体改革、国家戦略、経済財政全般、金融等を担当。野田第3次改造内閣で内閣総理大臣補佐官。現在、民主党国会対策副委員長。

PAGE
TOP