渡辺 喜美

衆議院議員 みんなの党代表

渡辺 喜美

衆議院議員 みんなの党代表

昭和27年3月17日栃木県那須郡西那須野町生まれ。栃木県立大田原高校、早稲田大学政経学部、中央大学法学部卒。故渡辺美智雄秘書。通産省・外相秘書官を経て、平成8年初当選。金融、経済、倒産法制、住宅ローン対策等の私案を次々と発表。政策新人類と称された。企画立案実現型政治家を目指す。当選2回の時、「自民党派閥システムこそ諸悪の根源」と表明して派閥を脱藩。以来、無派閥を貫く。アジア重視の議員外交も展開中。行政改革・規制改革担当大臣、地域活性化担当大臣、道州制担当大臣、金融・行政改革担当大臣を歴任。平成21年1月、麻生内閣が国民と断絶した政治を行っているとして自民党を離党。脱官僚・地域主権・生活重視の国民運動体「日本の夜明け」(1月)、新党「みんなの党」(8月)を立ち上げる。国民の手に政治をも取り戻すことは、税金や保険料を国民に取り戻すことである。官僚主導から政治主導へ、中央集権から地域主権へ、各省なわばり型システムから国民本位型システムへの革命を目指して奮闘中。著書に『いつまで官僚の「日本破壊」を許すのか』(徳間書店)、『みんなの力』(宝島社新書)、『民主党政治の正体』(角川SSC新書)他多数。

PAGE
TOP