渡部 恒雄

東京財団 政策研究事業ディレクター(外交安全保障担当)/上席研究員

渡部 恒雄

東京財団 政策研究事業ディレクター(外交安全保障担当)/上席研究員

1963年福島県生まれ。1988年、東北大学歯学部卒業、歯科医師となるが、社会科学への情熱を捨てきれず米国留学。1995年ニューヨークのニュースクール・フォー・ソーシャルリサーチで政治学修士課程修了。同年、ワシントンDCのCSIS戦略国際問題研究所に入所。客員研究員、研究員、主任研究員を経て2003年3月より上級研究員として、日本の政党政治、外交安保政策、日米関係およびアジアの安全保障を研究。2005年4月に日本に帰国。三井物産戦略研究所主任研究員および研究フォローを経て、2008年10月に東京財団に研究員として参加。2009年4月より現職。外交・安全保障政策、日米関係、米国の政策分析に携わる。現在、CSIS戦略国際問題研究所の非常勤研究員、沖縄平和協力センターの上席研究員を兼任。東京財団ユーラシア情報ネットワーク(http://www.tkfd.or.jp/eurasia/)、ウェブジャーナル【Janet】(時事通信)に米国の政策情報を定期寄稿中。1997年11月、「シビルミリタリー関係の向上で空気支配を防げ」で読売論壇新人賞佳作入選。単著には、『いまのアメリカがわかる本』(2007年 三笠書房知的生きかた文庫)、『「同時多発テロ」の日本への挑戦:ワシントン戦略シンクタンクからの警告』(2002年 財界21)。共著には、『オバマ政治を採点する』(2010年 日本評論社)、『政策提言:新しい日本の安全保障戦略』(2008年10月 東京財団)、『米軍再編と日米安全保障協力:同盟摩擦の中で変化する沖縄の役割』(2008年 福村出版)、『The Rise of China in Asia: Security Implication』(2002年 Strategic Studies Institute, Army War College)、『安全保障のビッグバン』(1998年読売新聞社)等がある。

PAGE
TOP