日置 政克

株式会社小松製作所 顧問

日置 政克

株式会社小松製作所 顧問

茨城県出身。1975 年東京大学法学部卒業。同年4月小松製作所入社。粟津工場総務部勤労課(石川県小松市)を皮切りに、本社人事部人事課(採用担当)、同人事企画課など人事畑でキャリアを積む。80 年代の海外生産拡大の流れの中で、1986 年コマツで5番目の海外工場である英国小松(Komatsu UK)の設立に伴い英国に2年駐在。1988 年米国ドレッサー社との50 :50 ジョイントベンチャー設立プロジェクトに参画し(北東イングランド)、1990 年から95 年同社人事ディレクターとして勤務(イリノイ州シカゴ)。95 年経営企画室渉外グループ主査、コーポレートカルチャー部長、広報・IR部長を経て、2003 年人事部長。2004 年執行役員。2008 年常務執行役員(コンプライアンス、法務、人事・教育、安全・健康管理管掌)。2012 年7月コマツ顧問。
37年の会社生活の大半を人事・総務部門で仕事をしてきたので、生粋の「人事屋」だが、比較的若い時期から海外勤務を経験し、通算8年英米駐在した。また、95 年帰国後もIRやコマツウェイの教育等を通じて、多くの社内外の外国人の人たちと関わりを持ち続けたことが、グローバルに働く人たちを考えるベースとなっている。

PAGE
TOP