柴田 励司

株式会社Indigo Blue代表取締役社長

柴田 励司

株式会社Indigo Blue代表取締役社長

1962年東京都生まれ。上智大学文学部英文学科卒業後、京王プラザホテル入社。京王プラザ在籍中に、在オランダ大使館出向。その後京王プラザホテルに戻り、同社の人事改革に取り組む。1995年、組織・人材コンサルティングを専門とするマーサー・ヒューマン・リソース・コンサルティング(現マーサージャパン)に入社。2000年、38歳で日本法人代表取締役社長に就任。組織に実行力をもたらすコンサルティング、次世代経営者層の発掘と育成に精通する。2007年社長職を辞任し、キャドセンター代表取締役社長、デジタルスケープ(現イマジカデジタルスケープ)取締役会長、デジタルハリウッド代表取締役社長、カルチュア・コンビニエンス・クラブ代表取締役COOなどを歴任。2010年7月より「働く時間」「学ぶ時間」をかけがえのないものにしたい。という思いのもと、経営コンサルティング事業と人材育成事業を柱とするIndigo Blueを本格稼働。経済同友会幹事や、数多くの講演をこなす中、次世代を担うビジネスパーソンの育成をテーマにした、社会人向けビジネススクール「柴田塾(Biz-tainment)」を開講。毎週発行しているメールマガジン「柴田励司の人事の目」は、自身の体験を織り交ぜた組織論、リーダーシップ論を展開。各方面で注目を集めている。

【主な著作】
「どうしてあのヒトは、デキるのだろう。いつかなりたい自分になる48のヒント」PHP研究所
「仕事力のある人、ない人」PHP研究所
「組織を伸ばす人、潰す人」PHP研究所
「39歳までに組織のリーダーになる」かんき出版
「25歳からの10年で会社に負けない自分をつくる」ダイヤモンド社

PAGE
TOP