黒川 清

政策研究大学院大学 教授 日本医療政策機構 代表理事 東京大学 名誉教授

黒川 清

政策研究大学院大学 教授 日本医療政策機構 代表理事 東京大学 名誉教授

東京大学医学部卒業、同大学院医学研究科(医学博士)、同医学部第1内科助手を経て、1969−84年、在米、ペンシルバニア大学医学部、UCLA、南カリフォルニア大学を経て79年UCL A医学内科教授。83年東京大学医学部第4内科助教授、89年同大医学部第1内科教授。96年東海大学教授・医学部長、同大学総合医学研究所長など歴任、2004年より東海大学総合科学技術研究所教授、東京大学先端科学技術研究センター客員教授。06年より政策研究大学院大学教授。03〜06年日本学術会議会長、内閣府総合科学技術会議議員。06年より08年まで内閣特別顧問を務める。05年特定非営利活動法人日本医療政策機構代表理事。WHOコミッショナーをはじめ日本内科学会理事長、日本および国際腎臓学会理事長、国際科学者連合体の役員など幅広い分野で活躍。著書に『e-Health革命ITで変わる日本の健康と医療の未来』、『世界級キャリアの作り方』(石倉洋子共著)、『大学病院革命』、『イノベーション思考法』他。

PAGE
TOP