栗城 史多

登山家

栗城 史多

登山家

1982年北海道生まれ。大学山岳部に入部してから登山を始め、6大陸の最高峰を登る。その後、8,000m峰4座を単独・無酸素登頂。エベレストには登山隊の多い春ではなく、気象条件の厳しい秋に6回挑戦。見えない山を登る全ての人達と、冒険を共有するインターネット生中継登山を行う。2012年秋のエベレスト西稜で両手・両足・鼻が凍傷になり、手の指9本の大部分を失うも、2014年7月にはブロードピーク8,047mに単独・無酸素で登頂し、見事復帰を果たした。これからも挑戦は続く。日本にいる間は、企業や学校など全国各地で講演を行い、「一歩踏み出す勇気」や「夢や目標を共有することの大切さ」などを伝えている。近著に『弱者の勇気 -小さな勇気を積み重ねることで世界は変わる-』(学研パブリッシング)。

PAGE
TOP