川崎 隆生

株式会社西日本新聞社 代表取締役社長

川崎 隆生

株式会社西日本新聞社 代表取締役社長

1950年6月2日生まれ、63歳。福岡市出身。福岡県立修猷館高校、早稲田大学第一文学部を卒業後、1974年4月、西日本新聞社に入社。記者として山口支局を振り出しに、東京支社運動部、同報道部(経済担当)、本社経済部、社会部に勤務。1991年7月に社会部デスクとなり、東京支社外信部デスクを経て、1995年8月からバンコク特派員(3年)。帰国後、国際部長、経済部長、経営企画委員長、広告局長、取締役(広告・メディア担当)を歴任し、2008年6月、代表取締役社長に就任。2010年4月、全国の新聞社に先駆けてアジア事業を展開するための部署「アジア室」を新設。辛亥革命から100年に当たる2011年にはアジア室を主体に西日本新聞紙上で「孫文と九州」キャンペーンを展開。同年7月には福岡市で、孫文とゆかりの深い福岡、長崎、熊本3県の知事、石原進・九州観光推進機構会長(JR九州会長)、香港中華総商会のジョナサン・チョイ会頭の5氏をパネリストとして招き、「辛亥革命100年シンポジウム」を主催した。

PAGE
TOP