岡本 義朗

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 政策研究事業本部公共経営・公共政策部主任研究員

岡本 義朗

三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 政策研究事業本部公共経営・公共政策部主任研究員

1982年、三和銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。外務省経済局国際エネルギー課研究調査員、三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)、同副主任研究員を経て、内閣中央省庁等改革推進本部事務局企画官(独立行政法人制度設計担当)、同参事官(独立行政法人及び広報担当)を歴任。2001年より三和総合研究所主任研究員、2002年より同(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)主席研究員。総務省政策評価・独立行政法人評価委員会臨時委員、文部科学省科学技術・学術審議会臨時委員他、多くの公職を務める傍ら、中央大学大学院戦略経営研究科客員教授(現職)、内閣国家公務員制度改革推進本部事務局次長、明治大学経営学部特別招聘教授を歴任。専門は公共経営(NPM)、行政改革、公会計、政策評価、公法、企業戦略論。
東京大学法学部公法学科卒業。シカゴ大学経営大学院修了(MBA、ファイナンス専攻)。中央大学大学院総合政策研究科博士後期過程単位取得。博士(総合政策)。主な著書に『独立行政法人の制度設計と理論』(中央大学出版部)『独立行政法人会計』(東洋経済新報社・共著)、『病院経営改善講座3 経営改善の実際例�』(第一法規出版・共著)他多数。

PAGE
TOP