遠藤 功

早稲田大学大学院 教授  株式会社ローランド・ベルガー 会長

遠藤 功

早稲田大学大学院 教授  株式会社ローランド・ベルガー 会長

早稲田大学商学部卒業。米国ボストンカレッジ経営学修士(MBA)。三菱電機株式会社、米系戦略コンサルティング会社を経て、現職。 早稲田大学ビジネススクールでは、経営戦略論、オペレーション戦略論を担当し、現場力の実践的研究を行っている。また、欧州系最大の戦略コンサルティング・ファームであるローランド・ベルガーの日本法人会長として、経営コンサルティングにも従事。戦略策定のみならず実行支援を伴った「結果の出る」コンサルティングとして高い評価を得ている。ローランド・ベルガードイツ本社の経営監査委員でもある。中国・長江商学院客員教授、日新製鋼株式会社経営諮問委員などを兼任。主な著書に現場力三部作である『現場力を鍛える』、『見える化』、『ねばちっこい経営』(いずれも東洋経済新報社)、『MBAオペレーション戦略』(ダイヤモンド社)、『企業経営入門』(日本経済新聞社)、『ビジネスの"常識"を疑え!』(PHP研究所)、『プレミアム戦略』(東洋経済新報社)などがある。『現場力を鍛える』はビジネス書評誌『TOPPOINT』の「2004年読者が選ぶベストブック」の第1位に選ばれた。『見える化』は2006年(第6回)日経BP・BizTech図書賞を受賞。

PAGE
TOP