麻生 太郎

副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣

麻生 太郎

副総理、財務大臣、内閣府特命担当大臣

昭和15年9月20日福岡県飯塚市生まれ。学習院大学卒業後、スタンフォード大学大学院、ロンドン大学政治経済学院に留学。帰国後に家業の麻生産業(現:麻生セメント)に入社、炭鉱業からセメント業への転換を成功させた。日本青年会議所会頭時代は民間外交を積極的に推進。祖父は故吉田茂元首相、父の故太賀吉も衆議院議員と政治一家だが、衆議院初当選は父引退の24年後。「タロー」の愛称で親しまれる自らの人柄で熱烈な支持を集めてきた。国内各界のほか米国など海外にも幅広い人脈を持つ。経済企画庁長官(第53代)、経済財政政策担当大臣、総務大臣(第3・4・5代)、外務大臣(第137・138代)、自由民主党政務調査会長、自由民主党幹事長、自由民主党総裁(第23代)などを歴任。特技の射撃は第2回メキシコ国際射撃大会(クレー・スキート(個人・団体))優勝、第21回オリンピック(モントリオール)にも出場。

PAGE
TOP