山崎 繭加

山崎 繭加

華道家

19歳の時より古流松麗会家元梶川理仙に師事。2017年、華道家として独立。20年続けてきたいけばなの学びや精神をビジネスや教育界につなげる活動「IKERU」を開始し、いけばなのレッスンや企業や学校でのワークショップ、展覧会を開催している。マッキンゼー・アンド・カンパニー、東京大学先端科学技術研究センターを経て、ハーバード・ビジネス・スクール(HBS)日本リサーチセンター勤務。著書に『ハーバードはなぜ日本の東北で学ぶのか』(ダイヤモンド社)。東京大学経済学部、ジョージタウン大学国際関係大学院卒業。

PICKUP