松田 公太

前参議院議員 タリーズコーヒージャパン創業者

松田 公太

前参議院議員 タリーズコーヒージャパン創業者

1968年生まれ。5歳から17歳の大半をアフリカとアメリカで過ごす。1990年、筑波大学国際関係学類卒業後、三和銀行(現:三菱東京UFJ銀行)に入行。その後、1998年にタリーズコーヒージャパン株式会社を設立。約3年で株式を上場し、300店舗を超えるコーヒーチェーンに。2007年には、世界経済会議(通称:ダボス会議)のYoung Global Leaderとして、選出される。開発途上国の飢餓解消に取り組むNPO「TABLEFOR TWO international」理事でもある。2010年 参議院議員選挙にみんなの党より初出馬、東京都選挙区にて当選。みんなの党副幹事長、政策調査副会長、広報委員長。著書『すべては一杯のコーヒーから』(新潮文庫)『仕事は5年でやめなさい。』(サンマーク出版)『チャンスをつかむ人、ピンチをつかむ人』(幻冬舎)。

PAGE
TOP