加藤 秀樹

構想日本 代表

加藤 秀樹

構想日本 代表

大蔵省に勤務した後、1997年4月、日本に真に必要な政策を「民」の立場から立案・提言、そして実現するため、非営利独立のシンクタンク構想日本を設立。省庁設置法改正をはじめ、道路公団民営化、国、自治体の事業見直し、教育行政改革など、縦横無尽の射程から日本の変革をめざす。 東京財団理事長、四国民家博物館理事長などを兼務。おもな編著書に『道路公団解体プラン』、『ひとりひとりが築く社会システム』、『浮き足立ち症候群−危機の正体21』、『構想日本 第1〜4巻』などがある。

PAGE
TOP