原 丈人

DEFTA PARTNERS グループ会長 大阪大学大学院 医学系研究科 招聘教授

原 丈人

DEFTA PARTNERS グループ会長 大阪大学大学院 医学系研究科 招聘教授

1952年大阪生まれ。 欧米を拠点にする日本人実業家。慶應義塾大学法学部を卒業後、中央アメリカの考古学研究に従事する。考古学資金づくりのために、79年スタンフォード大学経営学大学院へ入学、国連フェローを経て、81年、同大学工学部大学院修了(工学修士)。在学中に光ファイバー事業を起業して成功。84年デフタ・パート ナーズを創業、主に情報通信技術分野でベンチャー企業への出資と経営に携わり、1990年代にマイクロソフトと覇を競ったボーランド、ピクチャーテル、SCO、ユニファイ、トレイデックスなど十数社を会長、社外取締役として成功に導いた。米大手VCのアクセル・ パートナーズのパートナーも兼務し90年代にかけてのシリコンバレーを代 表するベンチャーキャピタリストの一人となった。2000年からは、欧米を中心にオープラス・セミコンダクター(2005年インテルと合併)や、フォーティネット(2009年IPO)の社外取締役などとして、ポスト・コンピュータ分野での事業経営を行う。また、DEFTA率いる 企業群が開発した技術を使い、発展途上国の情報インフラを低コストで整備、その事業収益を途上国支援に当てるビジネスモデルを開発した。公職として、国連政府間機関特命全権大使、米国共和党ビジネス・アドバイザ リー・カウンシル名誉共同議長、ザンビア大統領顧問、日本では首相諮問機関の政府税制調査会特別委員、財務省参与などを歴任。著書に、『誰かを犠牲にする経済は、もういらない』(ウェッジ)、『21世紀の国富論』(平凡社)、『新しい資本主義』(PHP新書)がある。

PAGE
TOP