金剛 龍謹

能楽金剛流若宗家

金剛 龍謹

能楽金剛流若宗家

昭和63年、二十六世宗家金剛永謹の長男として京都に生まれる。幼少より、父・金剛永謹、祖父金剛巌に師事。5歳で仕舞「猩々」にて初舞台、10歳で能「岩船」初シテを勤める。同志社大学文学部卒業。平成22年金剛流スペイン・ポルトガル公演に参加。平成22年祖父二十五世宗家金剛巌の追善会にて「道成寺」を披く。平成24年、金剛龍謹主宰の演能会「龍門之会」を発会する。平成26年、宝生宗家主催「和の会」と「龍門之会」のコラボレーション「宝生和英×金剛龍謹 合同演能会」を発会する。公益財団法人金剛能楽堂財団 評議員

PAGE
TOP