鈴木 馨祐

鈴木 馨祐

衆議院議員

・目黒区立不動小、開成中・高、東大法卒(在学中はボート部で活躍、アメフトも経験)後、大蔵省、福岡国税局、ジョージタウン大外交大学院フェロー、在NY副領事、厚生労働省(出向)勤務を経て、2005年より衆議院議員(現在四期目)。外務副大臣、財務副大臣、国土交通兼内閣府大臣政務官、予算委員会・議院運営委員会・外務委員会各理事、自民党副幹事長、国会対策副委員長、総務会総務、青年局長等を歴任。現在、党財務金融部会長。
・霞が関時代には、途上国支援、国際金融、高齢者・障がい者政策の企画立案に加え、福岡で地方の中小企業経営の苦しい実態を学び、米国では9.11テロを体験。
・行動する改革派として、無駄削減、道路財源一般財源化、北朝鮮・中国問題、温暖化対策等に積極的に取り組む。法人税引き下げも主導。
・サラリーマン家庭(父は千葉県、母は八王子市出身)の長男として昭和52年2月生まれ。

PICKUP