川口 淳一郎

独立行政法人宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授

川口 淳一郎

独立行政法人宇宙航空研究開発機構 シニアフェロー 宇宙科学研究所 宇宙飛翔工学研究系 教授

宇宙工学者、工学博士。1978年 京都大学工学部卒業後、東京大学大学院工学系研究科航空学専攻博士課程を修了し、旧文部省宇宙科学研究所に助手として着任、2000年に教授に就任。2007年4月から2011年9月まで、月惑星探査プログラムグループ プログラムディレクタ( JSPEC/JAXA)、1996年から2011年9月まで、「はやぶさ」プロジェクトマネージャを務める。現在、独立行政法人宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所(ISAS/JAXA) 宇宙飛翔工学研究系教授、2011年8月より、シニアフェローを務める。ハレー彗星探査機「さきがけ」、工学実験衛星「ひてん」、火星探査機「のぞみ」などのミッションに携わり、小惑星探査機「はやぶさ」では、プロジェクトマネージャを務めている。著書:『人工衛星と宇宙探査機』(コロナ社)、『航空宇
宙における制御』(コロナ社)、『ビークル』計測・制御テクノロジーシリーズ(コロナ社)、『はやぶさ、そうまでして君は〜生みの親がはじめて明かすプロジェクト秘話』(宝島社)、『カラー版 小惑星探査機はやぶさ —「玉手箱」は開かれた』( 中公新書)、『「はやぶさ」式思考法 日本を復活させる24の提言』(飛鳥新社)、『閃く脳の作り方 飛躍を起こすのに必要な11のこと』(飛鳥新社)

PAGE
TOP