リーダーとして飛躍するために~「マネジャーの教科書」全8回まとめ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは、「ミドルマネジャー」という言葉を聞いて、どのようなイメージを思い描くでしょうか。板挟み、多忙、疲れている、などネガティブな言葉が多いかもしれません。事実、ミドルマネジャーとして果たさなければならない業務量は多く、責務は多岐に亘り、上司からのプレッシャーに耐え、社外や社内の他部署との調整に奔走し、部下の育成に頭を悩ませるといったように、自らの想い、志とは別に、抱えきれない量の案件に忙殺されてモチベーションを失っているかのような姿が散見されます。

しかし、ミドルマネジャーの活躍抜きに組織の競争力向上は望むべくもありません。グロービス経営大学院にも多くのミドルマネジャーの方が学びに来られていますが、その中にもたくさん存在する「周囲の期待を超えるマネジャー」がどのような共有の特性を有しているのか、どのようにそれらを獲得しているのかについて8回に分けて、議論してみました。(田久保善彦)

1. マネジャーに必要なのは変わり続ける勇気

経営環境の変化が激しい今の時代、IQではなくAQ(Adaptability Quotient/適応性)の高さ、つまり変わり続ける勇気がマネジャーに求められています。

2. マネジャーが変わり続けるためには何をすればよい?

変化して成果を出し続けるマネジャーには、3つの共通する力「組織で成果を出す力」「仕事に対する想いの力」「ギャップを埋める力」がありました。

3. マネジャーが持つべき4つの基本スキル

「組織で成果を出す力」を持つためには、マネジャー個人として4つのスキルを、リーダーとして2つのスキルを鍛えることが大切です。

4. あなたは仕事に対してWhat 型? How型? Where型? Who型?

「仕事に対する想いの力」を考える際に、自分は何を大切にして仕事をしているのか一度考えてみませんか。

5. 仕事に対する自分の想いと周囲のギャップを埋める3つの方法

自分の想いと周囲とのギャップの乗り越え方には、「突破型」「両立型」「適応型」の3つのタイプがあるようです。

6. 優れたマネジャーは都合よく解釈する技を持っている

自己変革を深め、置かれた状況を都合よく解釈して持論を形成していくことで、3つの力がさらに強化されます。

7. 期待を超えるマネジャーで居続けるために必要なこと

持論を視覚化する、仕事に対する想いのバリエーションを増やす、そして期待に応えられなかったときに自分を冷静に振り返ることが必要です。

8. 期待を超えるマネジャーがさらに目指すべき姿とは?

ロングスパンで自分の人生の志やゴールを持つことで、さらにマネジャーとして確実に成長していくことができるでしょう。

慶應義塾大学理工学部卒業、同大学院理工学研究科修了。スイスIMD PEDコース修了。株式会社三菱総合研究所にて、エネルギー産業、中央省庁(経済産業省、文部科学省他)、自治体などを中心に調査、研究、コンサルティング業務に従事。現在グロービス経営大学院及びグロービス・マネジメント・スクールにて企画・運営業務・研究等を行なう傍ら、グロービス経営大学院及び企業研修におけるリーダーシップ開発系・思考科目の教鞭を執る。経済同友会幹事、経済同友会教育問題委員会副委員長(2012年)、経済同友会教育改革委員会副委員長(2013年度)、ベンチャー企業社外取締役、顧問、NPO法人の理事等も務める。著書に『ビジネス数字力を鍛える』『社内を動かす力』(ダイヤモンド社)、共著に『志を育てる』、『グロービス流 キャリアをつくる技術と戦略』、『27歳からのMBA グロービス流ビジネス基礎力10』、『創業三〇〇年の長寿企業はなぜ栄え続けるのか』(東洋経済新報社)、『日本型「無私」の経営力』(光文社)、『21世紀日本のデザイン』(日本経済新聞社)、『MBAクリティカル・シンキングコミュニケーション編』、『日本の営業2010』『全予測環境&ビジネス』(以上ダイヤモンド社)、『東北発10人の新リーダー 復興にかける志』(河北新報出版センター)、訳書に「信念に生きる~ネルソン・マンデラの行動哲学」(英治出版)等がある。

編集

ビジネスパーソンの役に立つコンテンツをお届けすべく、取材、インタビュー、撮影、編集などを日々行っています。

名言

PAGE
TOP