リーダーは楽観的たれ!絶望のどん底でも光を照らしたチャーチルに学ぶ――小泉進次郎ダイジェスト(2) 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第2次世界大戦中、ヒトラーによって陥落しそうになったイギリス。その時、首相のチャーチルが発した「今が最良の時である」という楽観主義的な言葉にこそ、絶望の中に希望の光を与えたリーダーの姿があると小泉氏は語る。2016年11月「G1-U30フォーラム」セッションの1分ダイジェスト。

G1-U30フォーラム2016「日本・世界を動かすリーダーになるためにはⅡ~日本を代表するリーダーたちの挑戦~」ダイジェスト版Part2/3
(2016年11月開催・視聴時間1分15秒)

肩書きは2016年11月5日登壇当時のもの

ダイジェスト版Part1/3はこちらから
この動画のフルバージョンはこちらから

名言

PAGE
TOP