【おすすめセッションのハイライト】アーティスト・宮沢和史氏が描く「100年後の沖縄」とは? 視聴時間 03:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1サミット2016 
第5部 分科会D「100年後を創る“地域おこし”と“人おこし”」ハイライト版

「100年後の沖縄を黒木の杜でいっぱいにしたい」という思いで「くるち(黒木)の杜100年プロジェクトin読谷」を2012年に発足した宮沢和史氏。2000年から公演数270回・観客動員数15万人を超える中高生の舞台「現代版組踊 肝高(きむたか)の阿麻和利(あまわり)」で舞台を通した人づくりのメッカ勝連町(現うるま市)を生んだ平田大一氏。子供たちが地域を学び、地域に誇りを持つことが、地域を変え日本を変える力となる。次世代、さらに次の世代へ、100年後の沖縄を共創する両氏が語る“沖縄発”地域おこし・人おこしのカタチとは。予告編を紹介する(肩書きは2016年3月20日登壇当時のもの)。

動画のフルバージョンはこちら

名言

PAGE
TOP