藤原先生、これからの働き方について教えてください 視聴時間 55:05

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あすか会議2016
第6部分科会「藤原先生、これからの働き方について教えてください。」

人工知能やロボットの進化によって、ビジネスや社会は根本から変わりつつあり、仕事に必要なスキルや働き方もまた大きく変わろうとしている。いま取り組んでいる仕事は、10年後も存在するのだろうか。10年後のあなたは、今と同じ働き方を続けているのだろうか――? 有史以来のテクノロジー革新が幕を開けようとする時代、身につけるべき普遍的なチカラとはなにか。藤原和博氏が語るこれからの時代の働き方。(肩書きは2016年7月3日登壇当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>

藤原氏: まず、1枚目(モニターに映し出されたパネル1枚目)ですが、分かってもらいたいのは、左の時代(20世紀 「正解」がある成長社会)から右の時代(21世紀 「正解」がない成熟社会)に移っていったということです。
いつ移ったかというと、1997年に日本は高度成長期を終えています。98年からずっと1人あたりのGDPが下がっていく世界になっていますし、だからこそ、頭がつまってしまっています。中で起こることは多様化・複雑化していて、変化の激しさが成熟社会の特徴です。
1番の特徴は、みんな一緒という感覚の社会から、それぞれ一人一人という感覚の社会になっていったということです。
いつもここで例に挙げるのですが、電話を考えていただければすぐわかりますよね。昔はみんな一緒に家の固定電話を使っていた。それが今はどうなっているかと言うと、携帯電話もしくはスマホ。2台・3台持っている人もいますよね。
それからランドセルの例を教育の現場ではよく使います。ここにいる方で、小学校の時のランドセルが、男は黒・女は赤だった人、手を挙げてください・・・(会場多数挙手)見てください、これが全体主義というんですよ。
それが今どうなっているかというと、ブルーが出てきてピンクが出てきて、最近はブラウンが人気です。とにかくフリルがついていたり、刺繍をどういれますか? みたいなオーダー版があったり、15万くらいしたり。みんな一緒というところから変わってきたのです。
僕がこれからやるのは、アクティブ・ラーニングと言いまして、受講している側が、自分のこととしてしょっちゅう考える、頭を徹底的に回転させるということですね。しかも隣の人と繋がりながらやっていくという典型的な授業を今、やっている訳です。
ビジネスシステムがみんな一緒という時代のままの会社と、それぞれ一人一人にビジネスシステムを合わせている会社と、もう完全に決着がついています。はっきり言えば、みんな一緒というタイプの会社から利益がどんどん奪われ、それぞれ一人一人に十数年前から合わせている会社に利益を総取りされています。
じゃあ、それぞれ一人一人にビジネスシステムを合わせている会社というのはどういう会社なのでしょう。今から3人ずつくらいで組んで言ってみましょう。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP