挑戦者として限界に挑む~慈眼寺住職・塩沼亮潤氏 視聴時間 34:01

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2016
ランチタイムセッション「挑戦者として限界に挑む~大峯千日回峰行満行を経て見えたものとは」

1300年の歴史の中で、ただ二人目となる大峯千日回峰行と四無行を満行した慈眼寺・塩沼亮潤大阿闍梨。往復48キロの山道を毎日16時間かけて歩き、断食・断水・不眠・不臥を9日間続ける。想像を絶する限界になぜ挑んだのか。挑戦の果てに見えた世界とは。(肩書きは2016年4月28日登壇当時のもの)。

名言

PAGE
TOP