リーダーが必ず身につけたいメンタルヘルスの基礎知識 視聴時間 28:41

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グロービス特別セミナー

2015年、職場にストレスチェックが導入された。これからは同じ職場から「うつ」を2人以上出すとリーダー失格!?という時代がやってくる。うつを未然に防ぐためにリーダーの安全配慮義務として何をしていけばよいのか。うつの種類、典型的な症状、防ぐためにリーダーが知るべきこと、備えるべき資質。35年間メンタルヘルスに向き合ってきたグロービス経営大学院の佐藤隆が説く(肩書きは2016年2月8日登壇当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>

佐藤氏: ただいまご紹介に預かりました佐藤でございます。今日は大変寒い中、足を運んでいただき、ありがとうございます。私は川﨑にあります日本鋼管病院でメンタルヘルスを始めて45年になります。川﨑の日本鋼管病院は産業メンタルヘルスの発祥の地なんですね。ですから日本で最初にメンタルヘルスを始めたところになっております。ちょうど5年前にこの席に立ちました。5年前、何があったかというと3.11東日本大震災で、
すぐにPTSD対策を依頼され、2年間に渡って福島、宮城、岩手でメンタルヘルス対策をしてきました。ちょうどこの場に立ちますと、当時の事を思い出します。

もう一つはカナダストレス研究所というものがありまして、1936年にストレス学説を発表したのがハンス・セリエ博士です。セリエ博士の研究所で30年以上、共同研究をしております。やっぱり日本よりもかなり進んでいまして、今ではカナダストレス研究所で働いていることを大変誇りに感じています。

今日は「リーダー」として、メンタルヘルスをこれからどう考えていくか、という事になるかと思います。ストレスチェックが義務化されましたよね。ストレスチェックが何かと言いますと、こんな事なんです。ちょっと頭の中でこの1ヶ月に感じたストレスを考えてみていただけますか。こういう質問がストレスチェックの質問になります。1ヶ月で一つだけご自身が感じたストレスがありましたら、お隣の人と差し支えない範囲で話していただけますか?このような質問を55項目取って、高ストレス者を出して、医師の面接指導にかけてアシスメントするという制度なんですね。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP