Part2/4 加藤嘉一氏×堀義人 如何にしてリーダーを輩出するか  視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グロービス特別セミナー
加藤嘉一氏×堀義人 セミナー in 上海 ~中国のリーダー、日本のリーダー 如何にしてリーダーを輩出するか Part2

世界の経済成長と立役者として影響力が高まる中国に対し、日本は現在政治、経済面で世界においてどのようなポジションを構築すべきかを模索している。しかしながら両国は、-これまで多くの著名な政治リーダーを輩出してきた中国、世界規模の数多くの優良企業を生み出してきた日本として、今後のアジア、そして世界を牽引する重要な役割を担ってい-る。急速に変化する環境においては、どのようなリーダーが指揮をとって未来を創っていくかは重要なテーマとなる。中国、日本のメディアを通じて、多くの問題提起、発信をし-ている加藤嘉一氏とグロービス代表の堀義人との上海でのスピーチおよび対談を4回連載。Part2では堀義人のスピーチをお届けする(肩書は2012年5月24日登壇当時のもの。視聴時間:11分55秒)。

開催日:2012年5月24日 於 上海
スピーカー:
堀義人  
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

・震災直後の日本で目立ったのは、誠実な国民と無能なリーダー(1:20)
・リーダーの役割1つめは、ビジョンを描き、意思決定し、結果に責任を負うこと(2:20)
・2つめは、ステークホルダーとの良好な関係をつくること(2:45)
・3つめは、自分の理念を組織文化をつくり、実行すること(3:10)
・疑似体験を繰り返し、意思決定能力を高めよ(5:30)
・世の中で起こることに正解はない。最善の解を人と議論して見出せ(6:00)
・自分の想いを伝え、人にやる気になってもらう(9:00)
・自分なりの哲学、使命を持て(9:30)


堀義人
Yoshito Hori
グロービス経営大学院 学長
グロービス・キャピタル・パートナーズ 代表パートナー

京都大学工学部卒、ハーバード大学経営大学院修士課程修了(MBA)。住友商事株式会社を経て、1992年株式会社グロービス設立。1996年グロービス・キャピタル、1999年エイパックス・グロービス・パートナーズ(現グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP))設立。2006年4月、グロービス経営大学院を開学。学長に就任し、自ら「企業家リーダーシップ」科目の講師として教 をとる。若手起業家が集うYEO(Young Entrepreneur'sOrganization 現EO)日本初代会長、YEO アジア初代代表、世界経済フォーラム(WEF)が選んだNew Asian Leaders 日本代表、米国ハーバード大学経営大学院アルムナイ・ボード(卒業生理事)等を歴任。現在、経済同友会幹事、日本プライベート・エクイティ協会理事を務める。著書に、『創造と変革の志士たちへ』(PHP 研究所)、『吾人(ごじん)の任務』(東洋経済新報社)、『人生の座標軸』(講談社)、『ケースで学ぶ起業戦略』(日経BP社)、『ベンチャー経営革命』(日経BP社)等がある

名言

PAGE
TOP