「100の行動」プロジェクトの基本理念とは 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「100の行動から始まる『静かな革命』」をいよいよ本日から開始する。

「100の行動」とは、日本のビジョンを「100の行動計画」という形で、国民的政策論議を喚起しながら描くプロジェクトである。進むべきビジョン と具体的な行動計画を、ブログ・SNS・ツイッターなどのソーシャルメディアを活用して、皆さんと一緒に描き切ることが、この「100の行動」の目的であ る。

現在の日本は、閉塞感と将来への不安感に覆われている。残念ながら、責任あるリーダーが国民に対して、これらを払拭するような明るいビジョンを提示出来てはいないのが実情だ。僕はこのプロセスを3つの方針に則り実施したい。

1. ビジョン提示:
目指すべき将来ビジョンと具体的な行動を体系的に列挙し、多くの日本人に明るい日本への道筋を明示したい。

2.知恵の結集:
具体的な提言をわかりやすく説明することにより、多くの人々に政策論議に参加してもらい、多くの知恵や意見を吸収していきたい。

3.「行動」を実現へ:
日本を担うリーダーや有志が手分けして、「100の行動」に取り組み、日本の明るい未来に向け、行動を起こす。

今後は、以下手続きで行います。
(1)原案アップ:毎週月曜日に、政策課題毎に「行動(案)」を掲載する
(2)議論:「ブログのコメント欄」や「ツイッター #100ac」に皆さんから賛成、反論、要望などが寄せられる
(3)暫定版完成:翌週月曜日(祝日の場合は火曜日)までに「行動(暫定版)」を取り纏め公開する

これらのサイクルで進めて、最終的には100週間続ける予定である。当然のことながら、「行動(暫定版)」に後からコメントを自由につけることも可能である。また、政治家、官僚、有識者の方々からのコメントも大歓迎である。

是非皆さんが、内閣総理大臣の立場で、日本をどのような国にしたいのかを議論していただきたい。そして100週間後に、皆さんとの議論を経て蓄積さ れた「行動」を書籍として取り纏め、来る2013年の衆参同日(?)選挙時には、この国のあるべき方向についての「議論のたたき台(公共財)」として提示 したいと考えている。

尚、第1回目として、「100の行動」の5つの基本理念を掲載する。ブログのコメント欄やツイッター #100acに、皆さんから賛成、反論、要望などが寄せられるのをお待ちしている。

「100の行動」5つの基本理念

1.(自由・自立・自己責任)
国民一人一人が、政府に頼らず自立し、助けあい、年長者の知恵を活かしながらも、若者がやる気と希望を持てる、頑張った人が報われる国をつくる。

2.(創造と変革による経済成長)
規制緩和を徹底的に進め新規参入を促し、資本主義・市場主義に則り、ベンチャーやイノベーションによる民間活力を最大限に発揮させ、新陳代謝が行われるバイタリティ溢れる国とする。

3.(行政の効率化と財政再建)
変化を先取りし政府・地方組織の変革を行い、ITを活用しながら小さくて効率的で信頼される行政を行い、財政に規律を維持し、子孫に負担をかけない国とする。

4.(教育・科学技術・文化立国)
教育を強化することにより、世界で活躍できる人材を輩出するとともに、世界からヒト・モノ・カネ・チエを呼び込み、世界を科学技術・文化面でリードする国とする。

5.(国際社会への積極的な貢献)
国防・外交・ODAを戦略的に行い、国際機関や会議にも積極的に参画し、世界を取り巻く諸問題にもかかわり、世界中から信頼を得て、世界の平和と繁栄に積極的に貢献する国となる。

この5つの基本理念に従い、日本のビジョン「100の行動」を皆さんと一緒に作成していきたい。ご意見、ご批判、大歓迎です。

名言

PAGE
TOP