エアークローゼット天沼聰CEOのシェアリングサービス起業術 視聴時間 1:25:43

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グロービス特別セミナー(大阪校)
世の中にないサービスの創り方~シェアリングエコノミーによる「新しい服との出会い」~

AirbnbやUberをはじめ、家・車・オフィス・駐車場など、あらゆる「シェア」が急速に普及しつつあり、2025年にはシェアリングエコノミーの市場規模は10兆円に上ると試算されている。洋服の「シェア」について新たな市場を創造している株式会社エアークローゼット代表取締役CEOの天沼聰氏に、シェアリングエコノミーの普及がもたらす未来について聞く(肩書きは2017年2月10日登壇当時のもの)

<動画冒頭をテキストでご紹介>
天沼氏: これからお時間いただきまして、シェアリングエコノミーという今まで日本になかった新サービスを作っていく中で、私たちがどういった経緯で、どういった思いでやってきたか、サービス紹介も含めてご説明させていただければと思います。
後ほど質疑応答の時間等々もあると思いますので、まずはとにかくやってきた経験や我々が考えている思いをお伝えするのが一番かと思います。
改めて、私、先ほど少しご紹介いただいたかと思いますが、天沼聰と申します。高校からアイルランドに行っていて、大学がロンドンだったのですが、そこから帰国してすぐにアビームコンサルティングというIT戦略系のコンサルティングファームに入りました。そこでIT戦略・仕組み化といった領域で10年弱ほどコンサルティング、マネージャーをしていました。その後、楽天株式会社に転職して、3年弱ほどグローバルのマネージャーとして活動させていただいて、2014年の7月にアビーム時代の仲間二人とエアークローゼットを立ち上げました。なので、会社としてまだ三期目です。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP