「壁を越える人生」「壁の中で生きる人生」、どちらを選びますか?  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「壁」が仕切る2つの世界

ずいぶん前のことになりますが、米国メジャーリーグ野球に渡ったある日本人選手が、「なめてかかって真剣にやる」といった内容のことをコメントしていました。「なめてかかる」とだけ言ってしまうと、何を高慢な、となってしまいそうですが、その後の「真剣にやる」というところが彼らしくて利いています。

「なめてかかる」というのは決して悪くありません。いやむしろ、それくらいのメンタリティーがなければ大きなことには挑戦できません。

私たちの眼前には、つねに無限大の可能性の世界が広がっています。しかし、その世界は壁に覆われていて、どれくらい広いのかよく見えません。壁の向こうは未知であり、そこを越えて行くには勇気がいり、危険が伴います。一方、壁のこちら側は、自分が住んでいる世界で、勝手が十分に分かっており、平穏です。無茶をしなければ、安心感をもって暮らし続けられると思えます。そんなことを表したのが図1です。

「既知の平穏世界」と「未知の挑戦世界」の間には壁があります。これは挑戦を阻む壁です。わかりやすく言えば、「~だからできない」「~のために難しい」「~なのでやめておこう」といった壁です。壁は2つの構造になっていて、「目に見える壁」と「目に見えない壁」とに分けられます。

目に見える壁は、能力の壁、財力の壁、環境の壁です。目に見えない壁は、不安の壁、臆病の壁、怠惰の壁をいいます。前者は物理的な壁、後者は精神的な壁です。

「壁」をどう飛び越えるか

何かに挑戦しようとしたとき、能力のレベルが足りていない、資金がない、遠隔地に住んでいる、などといった物理的な理由でできない状況はしばしば起こります。しかし、歴史上の偉人をはじめ、身の回りの大成した人の生き方を見ればわかるとおり、彼らのほとんどはそうした物理的困難が最終的な障害物にはなっていません。事を成すにあたって、越えるべきもっとも高い壁は、実はみずからが自分の内につくってしまう精神的な壁です。

私たちは誰しも、もっと何か可能性を開きたい、開かねばとは常々思っています。しかし、壁の前に来て、壁を見上げ、躊躇し、“壁前逃亡”してしまうことが多い。そんなとき、有効な手立てのひとつは、「こんなこと大したことないさ」と自己暗示にかけることです。そう、「なめてかかる」ことで精神的な壁はぐんと下がります。

どんな挑戦も、最初、ゼロをイチに起こすところの勇気と行動が必要です。そのイチにする壁越えのひと跳びが、「なめてかかる」心持ちで実現するのなら、その「なめかかり」は、実は歓迎すべき高慢さではないでしょうか。

で、本当の勝負はそこから始まります。図2に示したとおり、飛び越えた壁の後ろは上り坂になっています(たぶん悪路、道なき道)。

この坂で、「なめてかかった」天狗鼻はへし折られるでしょう。たぶん晴れて大リーガー選手になった彼も、自分の小生意気だった考え方を改めたに違いありません。怪我やスランプを経験して、相当に試されたはずです。でもその分、彼は真剣さに磨かれたいい顔つきになりました。その坂は、いろいろと真剣にもがかねば転げ落ちてしまう場所です。その坂はリスク(危険)に満ちていますが、それは負うに値するリスクです。

そして挑戦の坂を見事上りきると、「成長」という名の見晴らしのいい高台に出ます。高台からは、最初に見た壁が、もはや小さく見降ろすことができるでしょう。このように壁の向こうの未知の世界は、危険も伴いますが、それ以上にチャンスがあります。

「既知の世界」に住み続けることの危険性

では同時に、壁のこちら側も詳しくみてみましょう(図表3)。ここは既知の世界であり、確かに平穏や安心があります。しかし、その環境に浸って、変化を避け、挑戦を怠けているとどうなるか……。壁のこちら側の世界は実はゆるい下り坂になっていて、本人はあまり気づかないのですが、ずるずると下に落ちていきます。そしてその落ちていく先には「保身の沼」、別名「ゆでガエルの沼」があります。

壁を越えずにこちら側に安穏と住み続けることにもリスクがあるのです。このリスクは、壁の向こう側のリスクとはまったく異なるものです。いつの間にか忍び寄ってくるリスクであり、気がつくと(たいてい30代後半から40代)、ゆでガエルの沼にとっぷり浸かっていることになります。

そこから抜け出ようと手足をもがいても、思うように力が入らず、気力が上がらず、結局、沼地でだましだまし人生を送ることになります。安逸に流れる“精神の習慣”は、中高年になってくると、もはや治し難い性分になってしまうのです。

「坂の上の太陽」が勇気をくれる

さて、私たちはもちろんそうした沼で大切なキャリア・人生を送りたくはありません。だからこそ、常に未知の挑戦世界へと目をやり、大小の壁を越えていくことを習慣化する必要があります。そのために、どうすればいいか?──その一番の答えは、坂の上に太陽を昇らせることです。

「坂の上の太陽」とは、大いなる目的、夢、志といった自分が献身できる“意味”です。この太陽の光が強ければ強いほど、高ければ高いほど、目の前に現れる壁は低く見えます。と同時に、太陽は未知の世界で遭遇する数々の難所も明るく照らしてくれるでしょう。

フランスの哲学者アランはこう言いました。───「人間は、意欲し創造することによってのみ幸福である」。「予見できない新しい材料にもとづいて、すみやかに或る行動を描き、そしてただちにそれを実行すること、それは人生を申し分なく満たすことである」「はっきり目ざめた思考は、すでにそれ自体が心を落ち着かせるものである。わたしたちはなにもしないでいると、たちまち、ひとりでに不幸をつくることになる」(『幸福論』白井健三郎訳、集英社文庫より)

そう、跳ぶことはリスキーです。しかし、跳ばないことはそれ以上にリスキーです。しかし、こういうことは文字づらでは理解できても、なかなか実践ができません。やはり、人は(私も含め)人生の多くの局面で跳ぶことを避けたがります。なぜでしょう?───それは現実社会の真実として次のようなことがあるからです。図5にそれを表現しました。

現実社会の真実を超えて自分はどうありたいか

私たちは、危険を顧みず、勇敢に壁を越えていった人びとが、結局、坂の途中で力尽き、想いを果たせなかった姿をよく目にします。崖の底にあるのは、そんな「勇者たちの墓場」です。

その一方、私たちは次のこともよく目にします。つまり、現状に満足し、未知に挑戦しない人たちが、生涯そこそこ幸せに暮らしてゆく姿です。壁越えを逃避する人たちが、必ず皆、ゆでガエルの沼で後悔の人生を送るかといえば、そうでもなさそうです。「安逸の坂」の途中には「ラッキー洞窟」があって、そこで暮らせることも現実にはあります。

振り返ってみると会社組織の中でもそうでしょう。正義感や使命感が強くて組織の変革に動く人が、結局、失敗し責任を取らされ、組織を去るケースはどこにでも転がっています。逆に、保身に走り利己的に動く社員や役員が、結局、好都合な居場所を確保してしまい、長く残り続ける……。

怠け者・臆病者が得をすることもあるし、努め者・勇敢者が必ずしも得をせず、損をすることが起こりえる―――これもまた真実です。人間社会や人生はそういう理不尽さや矛盾をはらむがゆえに奥深いともいえます。問題は結局、私たち一人一人が、そうした世知辛い現実を容認しつつ、みずからの行動の決断基準をどこに置くかです。

「損か/得か」に置くのか、
「美しいか/美しくないか」に置くのか。

私自身はもちろん、壁を越えていく生き方が「美しい」と思うので、常にそうしていこうと思っています。「美しいか/美しくないか」―――それが決断の最上位にあるものです。その上で、最終的に、その方向が同時に「得だったね」と思えるようにもがくだけです。最初に「損か/得か」の判断があったなら、居心地がよく、しかも安定的な給料がもらえる大企業サラリーマン生活をいまも続けていたはずです。

「なめてかかって真剣にやる」―――自己の保身や臆病心に抗い、リスクをとって何か壁を越えていこうとする人ほど、この言葉の含蓄がしみじみ味わえるのではないでしょうか。
 

名言

PAGE
TOP