キャッシュ・フロー計算書、3つのチェックポイント 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

財務3表の1つであるキャッシュ・フロー計算書(以下CF計算書)、一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。最近ではキャッシュ・フロー経営という言葉も定着し、CF計算書を重視するビジネスパーソンも増えているようです。

一方で、CF計算書の重要性は理解しているものの、読み方が分からない、どの数字から会社の何が読み取れるかが分からない、といった声もよく耳にします。今回は、キャッシュ・フロー計算書をざっくり理解する、ということで、キャッシュ・フロー計算書の構成とチェックポイントを解説します。

まず、CF計算書の構成です。

営業活動によるCF(以下、営業CF): 一定期間に事業から生み出されたおカネ
投資活動によるCF(以下、投資CF): 一定期間に事業の維持成長のために投じられたおカネ
財務活動によるCF(以下、財務CF): 一定期間に株主、債権者から調達・返済(還)されたおカネ

上記の3つのキャッシュ・フローから構成されており、この合計がトータル・キャッシュ・フローです。一定期間で最終的におカネ(※)の増減が計算されます。

次に、CF計算書のチェックポイントを3つ紹介します。

1. 営業CFは黒字か?
営業CFは、会社が現在営んでいる事業から一定期間に得たおカネを表しています。営業CFが赤字とは、事業を継続するほどにおカネが社外に流出している状況です。営業CFが継続的に赤字であると、早晩経営が立ち行かなくなるでしょう。なお、営業CFはP/Lの当期純利益のキャッシュ版とも言えます。当期純利益が黒字にもかかわらず、(継続的な)営業CFの赤字が原因で倒産することを「黒字倒産」と言います。

2. 投資CFの中身は何か?
会社の成長ステージにもよりますが、一般には事業の維持成長のための投資は望ましいでしょう。その場合、投資CFはマイナスになります。しかし、会社の将来の儲けに繋がる投資(例えば設備投資)であることが前提です。投資CFには、設備投資以外に有価証券や貸付金なども含まれます。会社が何に投資をしたのか、中身をチェックします。

3. 営業CF-投資CFは黒字か?
事業で稼いだおカネから事業を維持成長させるために投資したおカネを差し引いて余りがあるかをチェックします。余りがあれば、会社の更なる戦略的投資や不測の事態への対応力がある、すなわち財務的な余裕度がある状態と考えられます。

以上3つのチェックポイントを意識するだけで、CF計算書はかなり読み取れます。ぜひ、気になる会社のCF計算書をチェックしてみてください。

※CF計算書におけるおカネの定義は「現金及び現金同等物」です。多くの会社は現金と3カ月以内満期又は償還される短期投資(定期預金含む)を含めていますので、必ずしもB/Sの「現金及び預金」の残高とは一致しません。
 

名言

PAGE
TOP