トヨタの働き方を進化させる「自工程完結」~八百屋の親父はなぜ元気なのか? 視聴時間 1:15:14

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

特別セミナー
トヨタの働き方を進化させる自工程完結

『トヨタの自工程完結』の著者であるトヨタ自動車株式会社 顧問・技監の佐々木眞一氏による特別セミナー。強い会社ではなく、変化できる会社・素早く動ける会社が生き残る。そのような時代を牽引するため、トヨタ全社で進める新しい取り組み「自工程完結」とは?(肩書きは2016年10月25日登壇当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>

佐々木氏: 皆さんこんばんは。ご紹介いただきました佐々木でございます。トヨタに1970年に入社しまして、46年トヨタ一筋で勤めております。その間、名刺に「品質」や「検査」と付いていたのが30年くらいです。あとの15年くらいは役員になってからですが、やはり品質保証担当が長く、そういう意味では品質単機能でやってきましたので、今日もそういうお話をさせていただきます。
「自工程完結」というちょっとわけの分からないタイトルが入っていますが、おいおいタネあかしをしていきたいと思います。
まず、「日本経済の復権は有るか」というタイトル(モニターに映された目次)ですが、ちょっと刺激的に書きました。1980年代なかばからバブルと言われ、日本経済は「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われましたが、バブルが崩壊してからはずっと低迷していたわけです。
残念ながらそれとともに日本の国際競争力、産業の国際競争力というものが、色々な指標があるのですが、いずれにせよあまり芳しくない。色々な理由があり、もちろん産業界だけの責任ではなく、円高、グローバル化の影響もあります。グローバル化というのは結局コストの安いところに流れていくことですので、それはそれでなかなか難しい、しょうがないと思うところでもありますが、21世紀に入る頃に盛んに言われていたのが、産業構造の変革をしなくてはいかん、構造改革をしなくてはいかんということです。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP