国家公務員改革:優秀な官僚が国益を考え、志高く働ける環境を整えよ!~100の行動84 視聴時間 03:06

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

<100の行動84> 
国家公務員改革:優秀な官僚が国益を考え、志高く働ける環境を整えよ!

1.採用・配置:キャリア職員の本格的な中途採用・公募制を実施せよ!管理職は内閣府所属へ!
実力主義を導入するため、官僚の1割は外部から流入させるといった公募制の導入を提案したい。また、官僚が、省益ばかりを追求して、国益をおろそかにするといった弊害を除去するために、幹部職員に関しては、全て内閣府に転籍させる人事制度を提案する

2.人材育成:徹底的な人材育成・官民交流を! 海外研修、民間への出向を課長職以上のポストに就く条件とせよ!
幹部人材の、徹底的な能力育成も必要。管理職への昇級条件として、2年間の海外研修か出向による人材育成を課すことも検討すべき

3.ライフスタイル:長時間労働撲滅のモデルケースとなれ!
霞ヶ関の長時間残業の主要な要因は、国会での大臣答弁等を作成するための「国会待機」。 政治家からの質問の提出期限を厳格に定めて、官僚の長時間残業を減らせるように政治家が努力すべき

4.セカンドキャリア:良い天下りの実践とリボルビングドアの実現を!
官僚の天下りは、官民の癒着が生まれやすくなり、税金が無駄に消化されるといった悪影響がある。一方、官民の交流を促進させ、優秀な人材を活用できる好影響もある。給与・退職金の適正化や透明性を確保した上で、優秀な官僚のセカンドキャリアを活性化すべき

記事ページはこちら

名言

PAGE
TOP