あなたは右脳派?左脳派?~ロジックとデザインの両方で考えるビジネス 視聴時間 59:36

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あすか会議2016
第4部分科会「クリエイティビティを育む ~“ロジック”と“デザイン”が紡ぎ出す未来~」

「イノベーションに成功する者は左脳と右脳の両方を使う」ドラッカーがいったように、優れたリーダーはマネジメントサイエンスとアートの力を併せ持つ。たとえば画家がキャンバスにまだ見ぬ世界を描き出すように、どこにもなかった風景を描き、具現化する。その鮮烈な世界観、ビジョンはどのように生まれたのか。「右脳」と「左脳」、「ロジック」と「デザイン」――対照的なふたつのスキルを育み、まだ見ぬ未来をつくり出すための方法論を聞く。(肩書きは2016年7月2日登壇当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>

髙島氏: 僕はたまたま、今日の登壇者3人と大変仲良くさせていただいています。井上さんはご近所で、ご自宅にも行かせていただいたり、遠山さんは同じ年に立ちあげをしたのですが、コラボをさせていただいたり。水野さんは最近うちのクリエイティブディレクターに就任いただいたのですが、そしたら株価が7円ほど上がりました。(会場笑)
3人とも仲良くさせていただいているので、油断するとダレてしまうと思うんです、僕が。なので、最初に会場の皆さんから質問をいただきたいなと思っています。
会場からの質問: どんな頭の使い方をされていますか。
会場からの質問: クリエイティブからイノベーションにつなげるというところについてですが、クリエイティブで何かを産むことと、イノベーションで変えていくことには、何が重要か教えてください。
会場からの質問: ロジックとデザインは、右脳と左能、右を向いて左を向いて・・・というイメージがあるんですが、それを一つの方向に向けるために、どういうことを心がけていますか。
会場からの質問: クリエイティブに時間軸というものはあるのか聞きたいです。ぱっと思いついたものを考えるのか、未来のある時点に対してアプローチを考えていくのか、そういう点をお聞かせください。
会場からの質問: 私は化学メーカーという堅い業界で仕事をしているのですが、クリエイティブやデザインで、汎用品にどのように付加価値を付けていくのか、デザインとどう結び付けていくのか、ヒントを教えてください。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP