2016年度「アルムナイ・アワード」授賞式 視聴時間 27:39

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あすか会議2016 第3部「アルムナイ・アワード授賞式」

受賞4名はいずれもグロービス経営大学院2015年卒。在学中から、クラスでの学びを仕事の現場で即実践することを徹底し、最大スピードで成果に結びつけてきました。選考は、50人超の候補者の中から様々な観点から厳正に行われましたが、「働きながら学ぶ」「学びながら実践する」というグロービス経営大学院の特長を最大限に活かした4名が高い評価を得ることになりました。

◆2016年 グロービス アルムナイアワード受賞者(敬称略)

<創造部門>
株式会社エディア取締役副社長COO 田口政実氏 (グロービス経営大学院 2015年卒業)
w2ソリューション株式会社 代表取締役CEO 山田大樹氏(グロービス経営大学院 2015年卒業)

<変革部門>
株式会社コメ兵 代表取締役社長 石原卓児氏 (グロービス経営大学院 2015年卒業)
ブラザー工業株式会社 宮脇健太郎氏 (グロービス経営大学院 2015年卒業)


◆授賞理由

創造部門: 田口政実氏(株式会社エディア 取締役副社長COO)

田口政実氏は、モバイルを通じて、人々の生活に笑顔をもたらすサービスを創造するというビジョンを掲げ、2002年に、アーリーステージのITベンチャーであった株式会社エディアに入社。新規サービスの企画立案や事業開発を主導し、モバイル事業部長、ソリューション事業部長、事業本部長、経営企画室長を歴任。現在はCOOとしてマネジメント全般に携わっています。グロービス経営大学院の入学前に、深刻な経営危機を経験しましたが、MBAの学びを活かし、これを乗り越え、見事に再生を果たしました。同社のNo.2として経営の舵をとり、2016年4月には、東京証券取引所マザーズ市場の新規上場へ導く立役者として活躍しています。「共に働く仲間たちが自分らしく活躍し、人生を築く足場となる会社をつくる」という志をもち、経営者としてさらなる挑戦を続けています。これらの活動を称え、アワードを授与します。


創造部門: 山田大樹氏(w2ソリューション株式会社 代表取締役CEO)

山田大樹氏は、2005年に企業向けECソフトウェアパッケージの開発・ソリューションの提供を行うw2ソリューション株式会社を設立。創業10年で250社以上に及ぶ有名ECサイトに採用導入されるなど、業界1位の成長率で、現在、国内2位のポジションを獲得しています。従来のシステム導入プロセスではなく、顧客価値に焦点をあて、工数見積もりを行わない、システム価値と顧客価値の最大化を実現するビジネスモデルを展開。これにより、「直接取引の増大」と「信用を重視するBtoB取引」をベンチャーの立場で築き上げてきました。また、テクノロジーを主軸に、EC市場の発展や、グローバル化、AI化を見据えたビジネス戦略を採用。新たな需要を取り込みながら、海外進出に取り組み、国産ソリューションとしてグローバル化を担える立場にいます。経営者としての実績と姿勢を称え、アワードを授与します。


変革部門: 石原卓児氏(株式会社コメ兵 代表取締役社長)

石原卓児氏は、「リレーユースを核としてお客様に満足と感動を提供する」という企業理念を掲げたリユース業界最大手の株式会社コメ兵の代表取締役に2013年に就任。2009年の取締役就任後は、社内で様々な改革を行い、風通しのよい組織体制の構築、店舗毎マネジメントの導入、商品センターの設立などローコスト管理のための施策も遂行し、売り上げ、並びに利益を伸ばしています。特に新規店舗の立ち上げ、社員教育に非常に力を入れ、取締役就任後32店舗を立ち上げ41店舗まで拡大しています。IT周りを強化し、Webでの購入やアプリの開発も含めたオムニチャネル化など様々なチャレンジを行い、株価は7倍に増加しました。人柄の面でも熱い志を持ち、謙虚さを忘れない姿は多くの人を魅了しています。同社の変革を成し遂げた経営者としての実績を称えます。


変革部門: 宮脇健太郎氏(ブラザー工業株式会社)

宮脇健太郎氏は、1999年にブラザー工業株式会社に入社。サービス&ソリューションズ事業推進部において、BtoBのソリューション領域で新規事業を立上げ、ゼロから二桁億への売上実績を伴う、成長のビジョンを策定しました。研究開発部門の在籍中には、既存事業の将来に課題を見つけ、自社保有技術と市場トレンドを見極め、自社商品のコスト競争力を武器にした、ドキュメントスキャナ事業を企画しています。海外事業にも邁進し、自身で海外の新規顧客開拓や、現地スタッフの育成も手掛けています。複数の事業で変革に挑戦し、それを成し遂げた活躍を称え、アワードを授与します。
 

名言

PAGE
TOP