シリコンバレー、イスラエル、北欧から考える日本のスタートアップに必要なこと 視聴時間 59:15

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1ベンチャー2016
第3部分科会<A>「シリコンバレー、イスラエル、北欧にみるスタートアップの世界潮流とは」

シリコンバレー、イスラエル、北欧。世界的なベンチャー企業の集積地では、いま何が起きているのか。シリコンバレーで活躍する宮田拓弥氏、イスラエルに活動の拠点を移した榊原健太郎氏、スタートアップの祭典「Slush Asia」を主宰するAntti Sonninen氏を招き、世界のスタートアップの潮流と生態系をつくる方法論を議論する(肩書きは2016年4月28日登壇当時のもの)。

<冒頭をテキストでご紹介>

牧野氏: ひとことだけ皆さんの自己紹介をしておくと、宮田さんがシリコンバレーと日本の比較の話を今日していただいて、Antiは北欧と日本という比較をしていただいて、榊原さんはイスラエルと日本と、この辺の話をしていきたいなと思っています。最初に、各々の国の状況と日本の比較を交えながら、例えば企業数はどうなっているのかとか、トレンドとしてどういうことが起こっているのかという話を、手短に、宮田さんから。

宮田氏: よろしくお願いします。去年、ピークの年でめちゃくちゃ良くて、今年劇的に下がったというのがシリコンバレーでございまして、現状で言うと、我々シードの会社にたくさん投資をしてるんですが、去年だったらものすごい勢いでものすごいお金がついた会社に、全くお金が集まらない状況が生まれています。2015年は、2000年のネットバブルの時とほぼ同等の金額と件数がベンチャー投資で集まりまして、私も2013年に始めて基本的には上げ調子の中でいて、ゆるやかな減速を期待していたんですが、想像以上にストンとしているというのが現状です。あとカテゴリ的に言うとたぶん日本とも近いと思うんですけども、人工知能であるとかバーチャルリアリティであるとかフィンテックであるとか、基本的なトレンドは日本で起きているものと同じかなと思います。(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP