トップエージェント・森本千賀子のリーダーに求められる資質と「キャリア戦略」 視聴時間 56:56

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」や、数々の著書を通して人生観や仕事の哲学を語ってきたリクルートエグゼクティブエージェントの森本千賀子氏。一人のプロフェッショナルとして、そしてエグゼクティブ層のキャリア支援をするトップエージェントの立場から、人生を200%で生きる秘訣、次代のビジネスリーダーに求められている資質・キャリア戦略を披露する(肩書きは2016年2月19日当時のもの)。

<動画冒頭をテキストでご紹介>

森本氏:今日のテーマ「次世代のリーダーに求められている資質とは?」について触れたいと思います。エグゼクティブの人で「この人とディナーに行きたい」という人などは、この「感受性」のある方が多く、送ってくれる手紙なども心が震える、泣きそうになることがあります。もともと皆さん、そういうものを持っていたんです。赤ちゃんは周りの人を喜ばせようとかではなくて、自分の感受性のままに感情を表現できていたのですが、これがなかなか難しい。

私はこんな感じ(スクリーン)の田舎で育ちました。これが私にとってはそこに繋がっているのかなと思っています。私は何冊か本を書かせてもらったり、メッセージを送ることが仕事です。転職をしようとする人、受け入れる側、ちょっとしたコミュニケーションの行き違いでボタンの掛け違いが起こったり、逆に言うと、本当にその方の魅力というものを的確にメッセージすることで会ってみようと思ってもらったり、表現力がすごく重要になってきます。

私は元々すごく大好きだった場所がありまして、図書館なんです。私がいた小学校、中学校は非常に田舎で、本を買いに行くのに20分、30分かかりました。そんな環境だったので、私にとっては図書館が大好きな場所でした。かつ詩が大好きで、また写生も大好きで、その時に書いたノートが今でもあるので、このノートを棺桶に入れてもらおうと思っています。そんな所で私も感受性を磨いてもらったのではないかと思います。それから次世代リーダーにとって必要なのが「好奇心」。これは…(この続きは動画でご覧ください)。

名言

PAGE
TOP