私たちが実現したい明日の世界 視聴時間 1:20:18

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

G1カレッジ2015
第5部 全体会「What will you do tomorrow?」

ひとりひとりの行動こそが世界を変えていく。リーダーたちの生き方と視座に触れ、明日から私たちはなにを行動していくべきだろうか。ワークショップで議論した「行動宣言」のプレゼンテーションを通じて、実現していきたい明日の世界を描く(肩書きは2015年11月23日登壇当時のもの)。

<冒頭をテキストでご紹介>

堀: これからの時間はですね、「What will you do tomorrow?」明日・未来への行動宣言ということで、皆さんがグループワークでディスカッションした内容を、最前線にいらっしゃるプレゼンターが2分間で話をしてもらって、そのあとにメンターの方から補足のコメントをいただいて、それを11回続けます。そのあとに、簡単な総評をもらってから去年同様ここにですね、プレゼンテーションの機会を30秒、我こそはという人に手を挙げてもらえれば、ここで発言できる機会を与えたいと思っていますので、早い者勝ちになるかもしれませんが準備しておいていただけたらと思います。まずは簡単にグループワークの感想を漆さんから一言いただけたらと思います。

漆氏: 面白かったです。私去年から出てるんだけれども、去年より更にこの3つの行動指針というのが明確になってきたかな。去年よりも自分がコミットしてる子が多かったんじゃないかなと思いました。それは運営チーム、学生の子たちが本当にここまで苦労して準備したってことがあったんじゃないかなって。そこに拍手を送りたいと思います。

堀: あともうひと方だけコメントをいただきたいのですが、為末さんが午後2時からいらっしゃったんで簡単に一言お願いします。

為末氏: 僕は「地域」のところに入ってたんですけど、よくルールを知らなくて、ずっと「メディア」のところでメディアについて熱く語ってて地域をあまり見てなかったっていうので、プレゼンの時に見たんですけど(笑)漆先生がおっしゃったようなことを色々感じました。僕が聞いててよかったなと思うのは、回す仕組みを皆一生懸命考えようとしているところっていうんですかね。それがすごい良かったなって印象があって…(この続きは動画でご覧ください)

名言

PAGE
TOP