医療制度の抜本改革を!~株式会社の参入やIT活用を積極的にすすめよ~100の行動40 視聴時間 04:22

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

堀 義人/グロービス経営大学院 学長

<100の行動40>
医療制度の抜本改革を! ~株式会社の参入やIT活用を積極的にすすめよ

医療費は現在42兆円、うち国庫負担が16兆円。2025年には54兆円になるという。医療費削減を含め、根本的な改革をするための5つの提言(視聴時間4分22秒)。

1. 株式会社の参入を認め、混合診療も完全自由化せよ!
病院の経営破綻は国家的な課題である。医療法を改正し、医療法人の理事長を医師に限定する規制を撤廃すべきである。ほかにも株式会社の参入、混合診療の完全自由化も行うべきである

2. 医療のIT化を徹底的に進め、マイナンバーとも連携させよ!
2011年に導入されたレセプトのオンライン化で膨大なデータがある。カルテやレセプトなどの医療情報にマイナンバーを連動させれば、二重投薬・二重検査などを防止、1兆円の削減と言われている

3. 医師の数を増やすよりも患者の数を減らせ!
日本は医師の数が少ないのではなく、患者の数が多いのが真実。治療から健康ケアへ、病院から地域・在宅へと転換すべきである

4. 予防・健康ケアのインセンティブを制度に組み入れよ!
医療のメニューに「予防・健康ケア」を入れるべき。糖尿病、高血圧、慢性心不全などの疾患は管理の余地があると言われている

5. 一般医薬品のインターネット販売を全面解禁!薬学管理料を撤廃し、医薬品流通を促進せよ!
一般薬のネット販売は、薬事法改正により2014年に解禁されたものの新たな障壁がある。調剤薬品は、薬学管理料制度を見直すべきである

記事ページはこちら
http://100koudou.com/?p=1151

名言

PAGE
TOP