「FinTech(金融×IT)」が変える未来 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマイルワークス社長・坂本恒之氏×マネーフォワード社長・辻庸介氏×freee代表・佐々木大輔氏×ビットアイル社長・寺田航平氏
G1ベンチャー2015
第3部 分科会B「FinTechが変える未来」

アクセンチュアのレポートによれば、世界でのFinTech関連への投資額は2013年に約29.7億ドルとなり、2009年の3倍強となった。金融とテクノロジーの融合は、どのようなイノベーションを生み出し、既存業界を変革するのか。クラウド会計ソフトのfreee、自動家計簿・資産管理ツールを提供するマネーフォワード、会計・販売管理・給与計算のクラウドサービスを提供するスマイルワークスのトップがFinTechの可能性を議論する(視聴時間1時間3分42秒)。

坂本 恒之氏
株式会社スマイルワークス 代表取締役社長
佐々木 大輔氏
freee株式会社 代表取締役
辻 庸介氏
株式会社マネーフォワード 代表取締役社長
寺田 航平氏(モデレーター)
株式会社ビットアイル 代表取締役社長

【ポイント】
・今年は(企業の経理面では)「ペーパーレス元年」の年になる(佐々木氏)

・ヒト、モノ、カネを統合的に管理したい時、クラウドという素晴らしいプラットフォームが世の中にたくさん出てきているので、これを活用することで新しい基盤を提供していきたい(坂本氏)

・今提供しているサービスは、自分の財産、PL、BSが全部見えますというところまでなので、これから先、将来プラン、運用、生命保険などの管理を時間をかけずスマホでどれだけ簡単にできるかがポイント(辻氏)

・海外から入ってきた会計系のサービスはあまり成功していない。なぜならローカライズが難しいため(辻氏)

・金融機関はシステムを外部にアウトソースしており、役員の中でも現場レベルのプログラミングの知識がある人はほとんどいない。このような状況の中ではFinTechは育ちにくい(佐々木氏)

・FinTechの最前線のようなことが実はすでに日本でやられており、それが北海道の農協(佐々木氏)

(肩書きは2015年4月29日登壇当時のもの)

名言

PAGE
TOP