目の前の現実を変えるために必要な「7つの知性」~多摩大学大学院教授・田坂広志氏 視聴時間

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
多摩大学大学院教授・田坂広志氏
あすか会議2015
第8部 全体会「知性を磨き、使命を知る」

「知性」とは何か。それは、目の前の現実を変革する「知の力」のこと。「使命」とは何か。それは、読んで字のごとく、「命を使う」こと。では、この世界の無限の広がりの中で、そして、この悠久の時間の流れの中で、一瞬の命を与えられた我々は、そのかけがえのない命を、どのように使い、いかなる使命を果たすべきか。その使命を実現するために、我々は、自分の中の「様々な人格と才能」を開花させ、「7つの知」を垂直統合した「真の知性」を身につけていかなければならない。「何を見つめて生きたか。それが、我々の人生の意味を定める」― 知性を磨き、使命を知り、悔いのない人生を生きるために、いま、我々は何を為すべきか。現代の知の巨人が語る(視聴時間44分50秒)。

田坂 広志氏
多摩大学大学院 教授
シンクタンク・ソフィアバンク 代表

【ポイント】
・身に付けるべき「7つの知性(思想・ビジョン・志・戦略・戦術・技術・人間力)」とは(3:20)

・目の前の現実を変えるための「戦略」を持っているか?(4:20)

・社会の変化をしっかり見つめる「ビジョン」という知性、さらにその奥にある「思想」の必要性(7:00)

・ヘーゲルの「事物の螺旋的発展」の法則(古く新しいものが変わった形で復活する)、これを戦略に取り入れること(8:00)

・「複雑系という思想」の重要性について(13:25)

・「KFS( Key Factor for Success)」が通用しなくなる時代、直感を磨け(15:45)

・社会起業家の事業が動くのは、「ボランタリー経済」のおかげ(18:10)

・これからの社会は「ボランタリー経済」と「ビジネスモデル」が融合していく(24:10)

・「コミュニケーション」の8割はノンバーバル(言葉ではない)(28:15)

・コミュニケーションは「最初の5分」で決まる(29:30)

・スキルをとことん磨くと「人間力」の世界に踏み込める(32:10)

・「自分」を変えられない人間は「世界」を変えられない(37:30)

・「人生は一瞬」、その中で本当に心が触れ合う人との巡り合いは限られている(42:30)

・「人は必ず死ぬ」「人生は1回しかない」「人はいつ死ぬかわからない」、その命を大切な何かに使うことが「使命」(43:50)

(肩書きは2015年7月5日登壇当時のもの)

名言

PAGE
TOP